MENU

無添加ドッグフードについて

近年の人間社会では、食品の偽装や薬物混入などの事件が発生しており、食への安全が大変注目を集めています。

 

一方で犬の場合も、2007年には中国産のドッグフードによってアメリカ国内で大きな健康被害の報告があり、犬用とはいえその安全性を高めようとする動きが日本国内でも出てきました。
ワンちゃんにも人と同じくらい安全なものを食べさせようと考えた場合、無添加ドッグフードから探してみましょう。

 

無添加ドッグフードを選ぶポイントとは

一般的に販売されているドッグフードの中には、コスト面を重視して安全性を軽く見ているタイプのフードも少なくありません。
賞味期限が1年から2年と非常に長いものもありますが、人間の食べ物として置き換えて考えると、この長さはまるで即席ラーメンか何かのようです。

 

添加物の入っているペットフードには、本来ならば人間向けの食品には使うことができない、発ガン性物質として知られるような添加物が使われているのです。

 

例えばBHAと呼ばれる抗酸化剤は、ガソリンの酸化を防止するための化学物質であり、発ガン性物質なので食品向けのものではありませんが、ドッグフードに使われているケースがあります。
エトキシンと呼ばれる抗酸化剤は、「枯葉剤」という別の呼び方もあり、一時は化学兵器として戦争に使われたこともある毒性の高いものです。

 

これら添加物は、食品衛生法によって食品への利用は強く制限されていますが、これはあくまでも人間向けの食べ物でのお話であり、ペットフードについては使用制限はないのです。

 

ドッグフードに使われている添加物はここまで細かく表示する義務はないので、原材料リストを見てもどのような添加物が使われているのか、はっきりとわからないのが現実です。
つまり安全な食品を食べさせたいと考えている場合は、無添加であることが確認できるフードでなければいけません。

 

安全なドッグフードを作る場合はそれなりに手間を掛けなければならず、日本国内ではなかなか手に入らないのが現実です。
そのようなドッグフードを探す場合は、犬への健康志向が高い海外で作られているドッグフードを中心に、無添加のものを探すことが必要です。

 

その場合は費用も高くなってしまいますので、無理のない範囲で選ぶべきです。
→費用が気になる方はコスパで選ぶページをご覧ください。

 

しかし無添加だからといっても、ワンちゃんにとっては美味しくなかったり、アレルギー反応を示す場合もありますし、上記のような発ガン性物質も、犬の寿命の中ではあまり神経質にならなくてもよい、という意見もあります。

 

ワンちゃんにとって最適なおすすめのフードをランキングにしたのでご覧ください。

 

 

無添加ドッグフードランキング

 

 
ナチュラルドッグフード ラム

ナチュラルドッグフード ラムの特徴

100%無添加のドッグフードで着色料や保存料も一切使用していないドッグフードです。愛犬に大切な動物性たんぱく質をたっぶり含んでいますし、安心して与えられる商品だと思います。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価5

 
ブッチ

ブッチの特徴

ヒューマングレードの原材料で作られた無添加ドッグフードです。グルテンフリーで、アレルギーを持つ犬に考慮されています。ウエットタイプですので、歯に問題を抱えていたり食が細くなった愛犬にもおすすめです。


価格 3,000円(税込)
内容量 2.4kg
おすすめ度 評価5

 
ネルソンズ

ネルソンズの特徴

獣医師など専門家からの評価も高いネルソンズ。こちらもグレインフリーで肉副産物などは使用していないとの事で、安心出来る商品でしょう。7ヶ月から7歳までの愛犬におすすめのフードです。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価5

 

3位以下の無添加ドッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
馬肉自然づくり 1,000円 0.3kg 評価5
モグワン 4,277円 1.8kg 評価4
カナガン 4,277円 2kg 評価4
ソリッドゴールド 2,415円 1.8kg 評価4
FINEPET'S 540円 1kg 評価4
VISIONS(ヴィジョンズ) 540円 0.2kg 評価4
ナチュラルバランス 1,620円 1kg 評価4
犬心 条件付き0円 0.2kg 評価4
アズミラ 2,257円 1kg 評価4
ボッシュ 1,890円 1kg 評価3
鹿肉ドッグフード 980円 0.3kg 評価3