「アルモネイチャー」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回はヨーロッパ生まれのドッグフード、アルモネイチャーについて詳しくご紹介!

アルモネイチャー社といえば、自然食や無添加のナチュラルドッグフードを世界で一番初めに発信・販売したことでも有名で、犬や猫にとことん健康的なフードの開発に力を入れている会社です。

ドッグフードはウェットとドライ各2つのタイプからラインナップが展開されていますが、今回はその中からドライフードタイプの「オルタナティブ」について取り上げていきたいと思います。

アルモネイチャー「オルタナティブ」の原材料をはじめ、そこからわかるメリットやデメリット、また、口コミ情報や価格についてもまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

「アルモネイチャー」ドッグフードの基本情報

アルモネイチャー【オルタナティブドライ170 エクストラスモールチキン&ライス】

価格と内容量 [公式サイト参照] 1袋3.75kg 8.424円(税込)
生産国 イタリア
使用している肉の種類 〇フレッシュチキン(生肉使用)
穀類の使用 〇(米)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(不使用)(ローズマリー抽出物)
総合評価

「アルモネイチャー」の配合成分や原材料について

アルモネイチャー【オルタナティブドライ170 エクストラスモールチキン&ライス】

フレッシュチキン75%、米17%、ビートパルプ、ルーサン、ミネラル、ビタミン、イースト、 マンナンオリゴ糖(MOS)、フラクトオリゴ糖(FOS)

■その他
ビタミンA 15000 IU/kg, ビタミンD3 1500 IU/kg, ビタミンE 300 IU/kg, 鉄83mg/kg, ヨウ素 1,57mg/kg, E4 銅28mg/kg, E5 マンガン31mg/kg, E6 亜鉛208mg/kg, 3b8.10 セレン87,5mg/kg, L-カルニチン 100mg/kg, DL-メチオニン220mg/kg.

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 27%以上
粗脂肪分 16%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 6%以下
水分 8.5%以下
カルシウム 0.94%
オメガ3 脂肪酸 0.68%
オメガ6 脂肪酸 3.56%

さっそく原材料を確認してみたところ、フレッシュチキン75%という数値に驚きを隠せません。

ドッグフードの約半数を肉が占めていればかなり質のよいフードといってよいレベルであるにもかかわらず、アルモネイチャーのオルタナティブにはなんと75%もの鶏肉が使用されています。

しかも使用されている鶏肉は粉末、ミールなどではなく、正真正銘「生肉」です。
これはかなり好感が持てますね。

原材料は全体的に見てもとてもシンプルで、人口保存料や香料、着色料、酸化防止剤など、危険な原料の使用もありません

唯一、ワンちゃんが消化を得意としない穀物の使用(お米)が見られますが、お米は小麦粉やトウモロコシといった原料よりは消化がされやすく、配合量も17%と記載があり、ワンちゃんにとって負担の量に設定されています。

アルモネイチャーのオルタナティブは犬に必要な栄養素のみに重点を置いた、非常にシンプルかつ、まとまりの良い原材料内容と言えます。

「アルモネイチャー」のメリットとデメリットについて

メリット

ワンちゃんにとって危険な原料をカット!

オルタナティブには発がん性のある人口的な保存料や酸化防止剤の使用が一切ありません。
添加物でアレルギー反応が出てしまうワンちゃんや腸の弱いワンちゃんにも安心して与えることができます。

同じく発がん性の危険性が懸念されている着色料や香料、発色剤の使用もなく、ワンちゃんのカラダへの負担が少ない安全性の高いフードとなっています。

ドッグフードの75%がフレッシュチキン!

ワンちゃんは本来肉食ですので、生肉やお肉がたっぷり入った食事を好みます。

現にカラダの作りも肉類を取り込みやすいようにできていますし、肉類には必須アミノ酸やビタミンが豊富に含まれていることもあり、健康維持においてもますますワンちゃんに向いた原料です。

ただ、一般的に安価で手に入るようなドッグフードには肉類はほとんど含まれていないことが多く、含まれていてもミール系(副産物が混入している)が多いことが現状です。

動物の歯や骨、羽や内臓系などを利用して作るミールは確かに高たんぱくではあるものの、消化がされにくく、実際カラダに吸収できる栄養素も少ないと言われています。

生肉のように消化がよく、栄養吸収もしっかりとされるような原料を使用しているドッグフードは本当に数が少ないのです。

そうなってくると、アルモネイチャーのオルタナティブは本当に優秀であることがわかります。

生肉を使用しているだけでも十分評価できますが、フレッシュチキンの割合が75%以上なわけですから、ワンちゃんとしては大好きなお肉を食べているような感覚に近いのではないでしょうか。

シンプルな原材料内容!

先ほどの原材料内容欄でお分かり頂けたかと思いますが、アルモネイチャーのオルタナティブは使用している原料がかなりシンプルです。

ありとあらゆる食材や人口的に作られた栄養素などを使用しすぎても、かえってワンちゃんのカラダの負担に繋がります。

天然ではない、人口添加物である栄養素が極端に多様されているドッグフードだと、ワンちゃんが健康トラブルを起こす可能性もゼロではありません。

現に私たち人間も、よかれと思って多種多様に健康志向のサプリメントを乱用してしまうと、思わぬ副作用が出ることがあります。
基本的に、ワンちゃんも同じと捉えてよいでしょう。

アルモネイチャーはワンちゃんの健康に最重要の「動物性たんぱく質」に重点を置いて、鶏肉を主役にしつつ、皮膚や被毛、腸内環境、足腰の関節を良化する成分のみをまとめていますので、栄養吸収もスムーズで、ワンちゃんの内臓系にも負担がかかりません。

デメリット

ビートパルプの使用がある

肉量の多さに好感が持てるアルモネイチャーのオルタナティブですが、一つだけあまりワンちゃんにおすすめできない原料として、ビートパルプを使用しています。

ビートパルプは砂糖を抽出した際に残る甜菜のカスのことで、食物繊維が豊富なので決して悪い原料ではないのですが、ワンちゃんの消化にはまったく向かない原料ですし、栄養価もほぼゼロですので、ドッグフードに使用するメリットがないのです。

オルタナティブの肉類75%、米17%という配合量のことを考えると、ビートパルプが使用されている量はわずか数%にしか満たない計算になりますので、消化を気にするほどの量は含有されていないことがわかります。

ですが基本的にビートパルプはドッグフードのかさまし目的で使用されることがほとんど。
廃棄寸前の原料です。

製造側からしてみればコストを抑えたドッグフードづくりができるメリットがあるかもしれませんが、私たち消費者からしてみると、あまり良い印象は受けません。

オルタナティブは大型犬には適していない?

アルモネイチャーの公式サイトによると、今回ご紹介しているオルタナティブは「小型犬・超小型犬用」との記載があります。

栄養成分の量などが小型犬に向いた内容になっていることが理由だとは思いますが、肉量が豊富で品質の良いドッグフードなわけですから、せっかくなら中・大型犬用にもラインナップを広げてほしいところです。

中・大型犬に関してはオルタナティブ・ドライフードではなく、ホリスティック・ドライフードからラインナップが展開されていますので、大きなワンちゃんを飼育されている方はそちらをチェックしてみて下さいね。

アルモネイチャー公式サイト
http://www.cat-food.biz/

価格が高く、コストがかかる

アルモネイチャーのオルタナティブの価格は3.75kgで8424円です。

やや4kg近く入っているので小型犬であれば1か月で十分な量ではあるものの、市販で売られているようなリーズナブルなドッグフードに比べると、お値段は倍以上かかってきます。

品質がよく健康にもとても向いているフードなので妥当な金額かもしれませんが、プレミアムフードに馴染みのなかった方にとっては月のコストが気になってしまいます。

「アルモネイチャー」の口コミ・体験談まとめ

「アルモネイチャー」の良い口コミ

このフードが犬にとって一番いいと思っています。なんの文句もない内容です。

お肉がたっぷり入っているせいか、食いつきがとてもいいです。

軟便でよくおしりに便がついてしまっていたことが悩みでしたが、アルモネイチャーに切り替えてから便の調子が良くなりました!

かなり食いついて食べています。健康体が維持できるので、飼い主ともに気に入っています。

「アルモネイチャー」の悪い口コミ

今までドッグフードは月2,0000円程度で済んでいたので、そこから3倍以上の金額がかかることを考えると、ちょっと家計が苦しいです。

高いので他ドッグフードと併用して使用しています。

お米が入っているのが気になりましたが大丈夫だろうと思って使用してみました。ただ、うちの子はかなり穀物に敏感なようで、やはりあまり体質に合っていませんでした。

口コミまとめ

このように、良い口コミではアルモネイチャーの品質の良さや食いつきに好感を持つ声が多く見受けられました。

オルタナティブはお肉の配合量もかなりありますし、使用している肉の種類もワンちゃんがより好む傾向にある鶏肉ですから、そこが食いつきの良さに繋がっているのでしょう。

一方で、価格の高さに少々続けにくさを感じている方も多いようです。

また、アルモネイチャーのオルタナティブには少なからず穀物の使用がありますから、穀物アレルギーのワンちゃんにはおすすめできません

アルモネイチャーのホリスティックというラインナップにグレインフリー(穀物不使用)のフードが展開されていますので、穀物アレルギーのワンちゃんにはそちらをおすすめします。

「アルモネイチャー」の総評

いかがでしたでしょうか?

アルモネイチャーはワンちゃんに必要な動物性たんぱく質が豊富に含まれたドッグフードで、余計な原料もほとんど入っていない優秀なフードであることがわかりました。

今回はアルモネイチャーのオルタナティブについて取り上げましたが、アルモネイチャーにはウェットタイプのフードなども同時販売されています。

そちらのタイプもお肉の配合量が豊富なフードとなっていますので、気になる方は一度、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント