犬の健康を最優先に考えるなら、ドッグフードに使われている成分や添加物をチェックしましょう。

ドッグフードの添加物

ドッグフードを選ぶ時は原料に注意しましょう。
中には避けた方がいい添加物などもありますのでとても重要です。

 

 

原料はしっかり見ておきましょう。

たとえばドッグフードには肉が入っていることがほとのどほとんどです。
牛肉、鶏肉などはっきり書かれていれば問題ないのですがドッグフードによっては肉という表示ではなくミール、パウダーといった言葉が表示されていることがあります。
チキンミールやチキンパウダーなどです。
このミールやパウダーというのは人間では食べられないようなくず肉や、肉以外の血液や皮膚が含まれている可能性まで出てきます。
想像しただけで気持ち悪くなってしまいますがそんな原料が使われたドッグフードはとても愛犬には与えられません。もちろんミールやパウダーでも安全で問題ないものもありますが万が一のことを考えるなら避けるべきです。

 

また、添加物も要チェックです。

ドッグフードに使われる添加物には保存料や着色料、香料などがあり、これらは人間の食べる食材にも使われることがある添加物です。これらの添加物自体は犬にとってもそれほど悪影響はないのですが添加物を使っていることそのものが問題です。
着色料や香料をなぜ使うのか、これが鍵です。
着色したり香りを付けないといけない、これはつまりそれだけ原料の質が悪いと考えられます。
添加物を使ってごまかしているわけです。
見た目や匂いがなんでもなくても犬にとって良くない成分が体に入ってしまうかもしれません。
こう考えるとやはり添加物が含まれているドッグフードはなるべく避けた方がいいのです。

 

理想的なのは無添加のドッグフードです。

 

添加物一覧
保存料 BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
エトキシキン
プロビレングリコール
亜硝酸ナトリウム
ソルビン酸カリウム
没食子酸プロピル
など

着色料 赤色3号

赤色40号
赤色102号
赤色105号
青色2号
合成調味料

甘味料 コーンシロップ

ソルビトール
グリシリジン・アンモニエート
キシリトール
ビートパルプ

 

もちろんこの添加物が入っているものを食べたからすぐに影響が出るわけではありませんが、与え続けることで身体の中に蓄積されてしまうので、以上の添加物が入っているフードは注意しましょう。

 

この他にも動物性脂肪が入っているドッグフードが多いのですが、何の動物の脂肪なのか、その動物は健康で害のない動物なのか、これはわかりません。
もしかしたら病気で死んでしまった動物の脂肪かもしれません。
一見なんでもないように見える成分ですがやはり避けた方が無難でしょう。

 

 

このようにドッグフードの成分にはリスクを抱えているものもあります。
ドッグフードなんてどれも同じ、安い方が経済的に助かると考える飼い主の方もいると思いますが、愛犬の健康を最優先に考えるならドッグフードに使われている成分や添加物はしっかりチェックしましょう。

 

安全なドッグフードを選ぼうとすると値段が高くなってしまうことも多いのですがそれは仕方のないことです。愛犬が病気になれば診察などで結局お金はかかりますから、そうならないためにも質の良いドッグフードを食べさせてあげましょう。