MENU

アボダームの商品詳細

 

アボダームは低アレルギーのプレミアムドッグフードで栄養豊かなアボガドを原材料として使っているのが特徴です。
アレルギー性の強い小麦や牛肉、大豆やとうもろこしなどを一切使用していないというのはとても安心できます。

 

アボダームには主原料は違う商品や全年齢対象商品、グレインフリーなどがあり、その量も数種類準備しています。
まずお試ししたい方は800gの少量サイズがおすすめです。

 

 

アボダーム商品一覧

 

Amazonで購入する

楽天で購入する


 

 

ご紹介するのは中でも1番人気の商品「アボダーム スモールブリードアダルト」は小型犬の皮膚や被毛をサポートしてくれる成犬用のドッグフードです。
体重が9キロまでの小型犬種の成犬を対象としており、食事の量が少量でも十分な栄養を取れるような製品に作られています。

 

アボダーム商品画像
アボダーム スモールブリードアダルト

 

おすすめ度  星2

内容量
1袋(2.2kg)
価格
2,230円(税込)
ブランド会社
ブリーダーズチョイス社
原産国
アメリカ
餌のサイズ
小粒タイプ
犬のタイプ
成犬用

 

主な原材料

チキンミール、玄米、米粉、オートミール、鶏脂肪、ビートパルプ、米糠、トマト繊維、アボカドミール、ナチュラルフレーバー、アルファルファミール、亜麻仁、チコリー根、全卵、塩、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ

 

公式サイトはこちら

 

アボダームの粒

 

粒のサイズも超小粒で、食べやすく作られています。
プレミアムドッグフードの中でも比較的買いやすい価格となっています。

 

 

商品の特徴

アボガド使用

普通はアボガドというのは犬にはあげてはいけないものとして認知されています。
しかし、実際の所、日本ではアボガドをあげたから犬がトラブルを抱えたなどの報告は出ていません。ですから、一種の都市伝説のようなものかもしれません。
もしそうだとしたらとてももったいないことです。
なぜなら、アボガドにはビタミンやミネラルがふんだんに含まれており、犬の健康な皮膚や被毛をサポートするのに最適な素材だからです。
特に愛犬の涙やけや毛のぱさつき、皮膚の湿疹などの問題には治癒効果が高い原材料と言われています。
アボダームは約30年の間販売され続けていますが問題は報告されていないので安心して愛犬に与えることができるプレミアムドッグフードです。

 

クラッシュタイプ

室内で愛犬を飼うときに気になるのは、愛犬のノミや便臭です。
特に子供がいるとノミがソファやベッドにつかないかどうか心配になる事もあるでしょう。
さらに、愛犬が免疫力の弱い子どもやお年寄りとじゃれあって、舐めたりしていると犬の口内環境が清潔であるように気をつける必要もあります。
そのためにはドッグフードの形状が食べやすく消化しやすいものでなければなりません。
消化しやすければ消化器官にストレスがかからず皮膚の状態も良好になりノミなどが付着しにくくなるからです。
その点、アボダームは食べやすく消化しやすいクラッシュタイプなので犬の健康には最良なものといえるでしょう。

 

高評価

アボダームは低アレルギーのプレミアムドッグフードとして高評価を得ています。
栄養価の高いアボガドを使っているという特徴だけでなく、低アレルギー源であるチキンをたっぷり使っています。お腹がデリケートな愛犬でもおいしく食べられるような工夫がされています。

 

 

CHECK!
原材料のチキンミールというのが気になりますよね。

アボダームは総合栄養食としてAAFCOの厳しい基準に適合していますし、アメリカの権威あるペット雑誌のWDJでも高評価を得ていますので、質の悪いものは使ってないと思いますが気になるところです。

 

アボダームは涙やけなどの問題を抱えたりしている飼い主さんに人気の商品です。
そのような問題を解決したいのなら試してみる価値はあるでしょう。
ただ、アボガドが気になるという声も少なからずありますので、その点を踏まえて評価致しました。

 

アボダーム商品一覧

 

Amazonで購入する

楽天で購入する