MENU

アズミラの商品詳細

 

アズミラは健全な素材を使っており増量剤や副産物を使っていない無添加のプレミアムドッグフードです。1982年にアメリカのホリスティック栄養学、自然療法学のリサ・ニューマン博士によって設立されたのがアズミラです。

 

愛するペットを自然界の力の助けを得ながら育てて飼育していくことを理念にしており、ナチュラルケアという考え方を世界に広めた会社です。
アメリカの専門雑誌・ホールドッグジャーナルでも優良だとお墨付きです。

 

アズミラはドライフード以外にも缶詰もありますので愛犬に合ったものを探すことが出来るでしょう。

 

 

アズミラ商品一覧

 

 

 

 

このページでご紹介する「アズミラ ラスティックフィーストドッグフォーミュラ」は全年齢の愛犬に与えられる製品として高い評価を得ています。
人用の高品質材料を使って作られたドッグフードですので、安心して与えられるという飼い主さんが多いようです。

 

 

アズミラ商品画像
アズミラ ラスティックフィーストドッグフォーミュラ

 

おすすめ度  星4

内容量
1袋(1kg)
価格
2,257円(税込)
ブランド会社
株式会社アズミラジャパン
原産国
アメリカ
餌のサイズ
小粒タイプ
犬のタイプ
全年齢対象

主な原材料

ターキーミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわりソーガム、パールバーリー(丸麦)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、キャノーラオイル(ミックストコフェロールにて保存)、メンハーデンフィッシュミール、ナチュラルフレーバー(ラム肉由来)、アルファルファミール、ビタミン(塩化コリン、ビタミンEサプルメント、ビタミンAサプルメント、D-パントテン酸カルシウム、ナイアシンサプルメント(ビタミンB3)、ビオチン、リボフラビンサプルメント、ビタミンKサプルメント、ビタミンB12サプルメント、硝酸チアミン(ビタミンB1)、ビタミンDサプルメント、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸)、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、タンパク質化合銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)、塩化カリウム、ケルプミール、レシチン、ローズマリー抽出物、セージ、乾燥枯草菌発酵生産物質、乾燥麹菌醗酵生産物質、クエン酸

 

アズミラ公式サイトはこちら

アズミラを最安値で購入する


 

アズミラの粒

 

AAFCO(米国飼料検査官協会)に対応しています。
穀物が入っていますが、アレルギーの原因になる可能性の低いものが使われているようです。

 

 

バランスの良い栄養

アズミラは人間用の高い品質の材料で製品を作っています。
厳選して選ばれたターキの肉や玄米などが主原材料で使われています。
そして脂肪酸や食物繊維、ハーブなどの栄養価の高い素材を栄養学や自然療法学の研究に基づいてバランスよく配合しています。
特に犬が皮膚のトラブルを抱えている場合、例えば乾燥しやすかったり毛が抜けやすかったり、毛の光沢が無かったりするとオメガ6脂肪酸が必要となります。
さらに犬が自ら作り出すことができない酵素がありますが、それを補うにはオメガ3脂肪酸という成分が必要になります。
しかし、このオメガ6とオメガ3というのは単にドッグフードの中に混ぜれば良いというものではなく、効果を最大限に発揮するためには正しい比率で混ぜ合わせなければなりません。
長年栄養学を研究してきたアズミラはその最適な比率を実現することができます。

 

 

全年齢

アズミラは全年齢の愛犬が食べやすいように、小粒でドーナツ型の形をしているのが特徴です。
幼かったり、老犬だったりすると硬いドッグフードは食べにくいことがありますが、アズミラはこの形状ゆえに人間の手できちんと崩して愛犬に食べさせやすくなっています。
また、だんだん年を取ってきて噛む力が落ち始めた状態でも愛犬がストレスなく噛み砕けるようにちょうどよい硬さで仕上げています。

 

 

バリアパッケージ

日本のように梅雨の時期があったり湿気の多い夏が長引いたりするとドッグフードの酸化防止というのは一つの課題になります。
しかし、アズミラは空気の出入りを極限まで抑えたバリアパッケージという独自の袋を開発しました。
これにより品質劣化を防ぎ、作りたての鮮度を保ちます。

 

 

チェック
アズミラは原材料をよく見ると動物性たんぱく質が少なめで植物性たんぱく質が多い傾向が見られます。
植物性が多いと便が柔らかくなることがあるので、便に問題がある愛犬の場合は注意しましょう。

 

 

このようにバランスが良く取れており、パッケージにも工夫がみられるアズミラは全年齢対象にもなっているので使い勝手の良いドッグフードと言えます。