MENU

無駄吠え対策

犬を飼う上で困るものの一つに犬の遠吠えや無駄吠えがあります。

 

特に犬の無駄吠えというのは、飼主や家族にとって迷惑なだけでなく、近隣住人にも大きな迷惑をかけてしまうことです。

 

 

あそこの家の犬はうるさいわねえ。飼主のしつけがなってないのかしら?


と近所の井戸端会議で犬の無駄吠えを原因として後ろ指をさされる可能性もけして低くありません。

 

犬の無駄吠えを解消するためには、いくつかの対策があります。

犬にも無駄吠えをする原因があり、その問題を事前に解消することであらかじめ無駄吠えを抑制したり、頻度を抑えることができます。

 

犬は生活をしている中で、いつも鎖に繋がれたり、ケージや犬小屋の中に入れられていることに不安や不満を感じていたり、ストレスをため込んでいることが多いです。

 

そんなときに犬は飼い主にかまってほしかったり、散歩に連れて行ってもらいたいという欲求を無駄吠えや遠吠えという形でぶつけてしまうことがあります。

 

そのような原因から来ている無駄吠えは、その原因を解消することによって解決することができるので、犬が無駄吠えをする前に散歩に連れ出したり、十分な時間や距離を散歩して回ることで犬の不満が解消できます。

→犬の散歩はどのくらいが適切?

 

また単純に犬と遊ぶ時間やコミュニケーションする時間を増やすことで犬の欲求不満が解消され、心理的不安を解消することができます。

 

飼主の愛情に満たされた犬は無駄吠えをする頻度は少なく、比較的穏やかな性格である場合が多いです。

 

吠える犬のイメージ

また敷地に見知らぬ人が訪れてきたり、怪しげな人物に対して犬が吠えることがありますが、こちらは防犯上メリットがある場合が多いのであえて対策する必要はありません。
しかし訪問者の誰かれにかまわずに闇雲に吠え続けるワンちゃんというのも考え物ですね。

 

なによりも犬の無駄吠えは飼主や家族とのコミュニケーションに左右されます。