「ビィ・ナチュラル」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回は、ワンちゃんの健康に着目したナチュラルフードを数々と開発しているビィ・ナチュラル株式会社から販売されているドッグフード「ルートシリーズ」について取り上げていきたいと思います。

大自然が特徴的なオーストラリア原産のルートシリーズ、使用されている原材料もすべてオーストラリア産とのことで、安全性などに期待が高まります!

原材料やメリット・デメリットのほか、ビィ・ナチュラルの口コミや価格などもまとめてみましたので、購入の参考にされてみてくださいね!

「ビィ・ナチュラル」ドッグフードの基本情報

ビィ・ナチュラル【ルート・ブレンド】

価格と内容量 [Amazon参照]1袋1.5kg 3,240円(税込)
生産国 オーストラリア
使用している肉の種類 〇(カンガルー肉、ヤギ肉、七面鳥、鶏肉)
穀類の使用 〇(全粒ソルガム、全粒ライ麦)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
総合評価

「ビィ・ナチュラル」の配合成分や原材料について

ビィ・ナチュラル【ルート・ブレンド】

肉類(カンガルー、ヤギ、七面鳥、鶏)、全粒ソルガム、全粒ライ麦、キャノーラ油(NO-GMO)、タスマニアサーモン、パン酵母、サトウキビ繊維、蔗糖、亜麻仁油、チコリー根(フラクトオリゴ糖)、サーモンオイル、オオバコ繊維、ユッカ抽出物、パン酵母抽出物、L-トレオニン、アボカドオイル、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、ビタミン類(塩化コリン、A、D、B1、B2、B3、パントテン酸、B6、葉酸、B12、C、E)、ミネラル類(塩化ナトリウム、リン酸一ナトリウム、塩化カリウム、炭酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ化カリウム、硫酸第一鉄、酸化マンガン、硫酸亜鉛、セレン)

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 25%以上
粗脂肪分 12%以上
粗繊維 4%以下
粗灰分 9.8%以下
水分 10%以下
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 1.5%以上

原材料を調査してみたところ、ビィ・ナチュラルのルート・ブレンドには危険と思われる原材料が一切使用されていないことがわかりました。

第一原料には高たんぱくなカンガルー肉、ヤギ肉、七面鳥や鶏肉など、栄養価の高い数多くの原料が使用されていることがわかります。

健康志向として注目されている亜麻仁油やサーモンオイルの使用もあり、フラクトオリゴ糖やパン酵母抽出物といった腸内環境改善に効果的な原料も使用されています。

また、ドッグフードに使用される保存料や酸化防止剤は人口的なものではなく、すべて天然由来のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物等で代用している点もとても評価できます。

全体的にみて、悪い点が一切なく、優秀な原材料内容であると言えます。

「ビィ・ナチュラル」のメリットとデメリットについて

メリット

原材料は全てヒューマングレード!人が食べても安心!

ビィ・ナチュラルのルートシリーズに使用されている原材料は極めて安全性の高いものばかりです。

人が食べても安心のヒューマングレードであるうえ、遺伝子組み換えは一切使用していないといった徹底ぶりなので、大切な愛犬にも安心して与えることができます。

愛犬に合わせた粒の大きさを選択できる

あらかじめドッグフードの粒の大きさが決まっているものだと、愛犬によっては食べにくさを感じる子もいるかと思います。

ルートシリーズの場合、小粒、中粒、粉末状タイプと計3種類から愛犬に合わせた粒の大きさをチョイスすることができるので、これなら愛犬に合ったタイプを選択することができて、食べにくさを感じることもなさそうですね!

保存料や酸化防止剤には天然成分を使用!

ビィ・ナチュラルはワンちゃんへの安全性をとことん考えてドッグフード開発に力を入れている会社ですので、当然、危険性の高い保存料や酸化防止剤などは使用していません。

ただ、何も使用しない場合ドッグフードの酸化が進み、かえって品質の低下を招いてしまうため、ルートシリーズには人口添加物の代わりに天然由来成分であるローズマリー抽出物やミックストコフェロールが使用されています。

ワンちゃんに一番重要な動物性たんぱく質を重視

ビィ・ナチュラルには動物性たんぱく質が豊富に配合されています。
というのも、用されている第一原料がすべてお肉なのです。

今回ご紹介しているルート・ブレンドはルートシリーズの中でも特にたんぱく質量が多く、一種類の肉ではなく多数の動物肉をバランスよく使用しています。

そうすることでアレルギーの発症リスクも更に抑えることができて、効率よくアミノ酸を消化することができるのだそうです。

もちろんすべて環境規制の厳しいオーストラリアで育った動物たちなので、品質にも安心感がもてます。

使用している脂質源が優秀な油ばかり!

安価なドッグフードには安全性の低い植物性油脂や動物性油脂が使用されていることがほとんどですが、ビィ・ナチュラルの場合、使用している脂質がとにかく優秀です。

健康志向の亜麻仁油をはじめ、オメガ3脂肪酸を含むサーモンオイル、オメガ9脂肪酸が豊富なアボカドオイルなど、カラダに良い脂質のみでドッグフードの嗜好性をよくしているため、ワンちゃんの食いつきがよくなるだけでなく、健康面にも良い影響を与えてくれます。

輸送方法にも一工夫あり!

海外のドッグフードとなると、商品の輸送の際にコンテナ内が高温になってしまったり、赤道を通る際にドッグフードの品質が著しく低下してしまうことが問題視されています。

そこでビィ・ナチュラルは、輸送の際に温度を一定に保っているコンテナ(ワインなどと同様のもの)で商品を日本に運ぶことで、品質をしっかりと維持することができています。

デメリット

一般的なドッグフードの相場に比べると、やや価格が高い

ビィ・ナチュラルのルートシリーズは、どのラインナップも1.5kg3,000円強といった価格です。

今回ご紹介しているルート・ブレンドの場合、1.5kg入りで3,240円なので、一般的なドッグフードと比べるとやや高い印象を受けます。

ただし、メイン原料に肉類が豊富に使われていることや、危険な添加物の使用がない点、高品質な脂質を使用していることを考えてこのお値段となると、かなりコスパは良い方です。

とはいえ多頭飼いや大型犬にビィ・ナチュラルを使っていくとなると、それなりのコストもかかってくることが予想されますので、このあたりはご家庭によって使い勝手が変わってくるかと思います。

取扱店が少ないため、購入の便は良くない

ビィ・ナチュラルは市販では見かけることがほとんどありません。

稀に取り扱いのある店舗があるかもしれませんが、知名度としてはまだ低い部類に入るドッグフードですので、購入はネット通販が無難でしょう。

ちなみに、取扱店を調査してみたところ、現在では楽天・Amazon・yahooショッピングにルートシリーズの在庫があるようでしたので、利用しやすいサイトから購入されるとよいでしょう。

「ビィ・ナチュラル」の口コミ・体験談まとめ

「ビィ・ナチュラル」の良い口コミ

内容の良さに驚いています。多少高くても、愛犬の健康を考えれば安い方では?

カンガルー肉って食べなれていないし、大丈夫かな?と思っていましたが、問題なく食べています。

安全性が高いところが気に入っています。今まで体調トラブルがよく起こっていましたが、ルート・ブレンドにしてからずっと健康体です。

今まで与えていたフードが原因だったのでしょうか、ずっと消えなかった涙やけがルート・ブレンドに変えたことで改善されました。

値段よし、納期も早いです。また利用させて頂きます。

梱包も丁寧で、発送もすごく早かったです。愛犬の食いつきもとてもいいです!

よく食べてくれる、残さず食べる、健康体が続く。言うことなしです!

「ビィ・ナチュラル」の良い悪い口コミ

肉がメインとされているのであれば、もう少したんぱく質量が多ければ尚良いなと思います。

運動量の多いうちの大型犬のことを考えると、たんぱく質量30%は欲しいと思うのが正直なところです。

今まで安価なドッグフードをまとめ買いしていたせいか、かなり高く感じてしまいます。

口コミまとめ

このように、良い口コミではビィ・ナチュラルの内容の良さや安全性を評価している声が多く見受けられ、品質の良さはもちろん、発送に関しての対応もよいとの声が目立ちました。

涙やけの改善や体調トラブル改善を感じている方も多く、ビィ・ナチュラルがいかに安全で、余計なものが入っていないドッグフードかが改めてわかります。

一方で、ビィ・ナチュラルは肉類が第一原料に使用されているのにもかかわらず、たんぱく質量が意外と普通であることに対して、今一つといった意見を持つ方も多いようです。

確かに、肉類が多い良質なドッグフードはたんぱく質30%を超えるものもザラですので、それに比べるとルート・ブレンドの25%という数値はやや少ないたんぱく質量として捉えられてしまうかもしれません。

「ビィ・ナチュラル」の総評

いかがでしたでしょうか?

ビィ・ナチュラルは原材料に使用している原料全てがヒューマングレードで、人間でも安心して食べることのできる食材を使用していることがわかりました。

発がん性を含むような人口添加物の使用もなく、動物性たんぱく質もしっかりと配合されていることから、ワンちゃんのカラダに優しく栄養価の高いドッグフードと言えるでしょう。

一般的に安価なドッグフードに比べれば値段は少々張りますが、ドッグフードの内容が優秀なので、そう考えると決して高くないどころかむしろコスパに優れたフードです。

良質な原材料内容かつ、コストにも優れたフードを探していた方にとってはとても始めやすいドッグフードですので、気になる方は一度試してみる価値ありですよ!

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント