「ビオナチュール」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回は国産ドッグフードとして安全性を誇る「ビオナチュール」について詳しくご紹介していきたいと思います。

無添加・無農薬・水道水不使用と安全性が三拍子揃ったビオチュールですが、製造方法や原材料はどのようなものなのでしょうか?

また、そこからわかるビオチュールのメリットやデメリットをはじめ、実際にビオチュールを使用した飼い主さんの声や価格などもまとめてみましたので、今後のご参考にされてみてくださいね!

「ビオナチュール」ドッグフードの基本情報

ビオナチュール【チキン】

価格と内容量 [Amazon参照]1袋2.5kg 4,115円(税込)
生産国 日本
使用している肉の種類 〇(鶏肉)
穀類の使用 〇(もちあわ、もちきび、白米など)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(不使用)
総合評価

「ビオナチュール」の配合成分や原材料について

ビオナチュール【チキン】

南九州産焙煎もちあわ、南九州産焙煎もちきび、長崎県産無投薬自然鶏肉、南九州産豚レバー、南九州産豚骨スープ、南九州産焙煎白米、南九州産JAS認定有機野菜3種(下記参照)、北大西洋沿岸産天然ケルプ、宮崎県産低温抽出常緑広葉樹皮炭素抹、宮崎県産低温抽出常緑広葉樹木酢液、宮崎県産うなぎ骨、イースト(国内産ビール酵母・南九州産ガーリック)、SAM-e含有酵母 ※JAS認定有機野菜3種(ホウレンソウ・レタス・ジャガイモ)
※時期により異なります。

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 21.1%
粗脂肪分 7.6%
粗繊維 1.4%
粗灰分 3.2%
水分 4.7%
糖質 60%
エネルギー 410kcal

ビオナチュールの原材料には数多くのオーガニック原料や自然食材が使用されています。

特に穀物の種類にもこだわっているようで、主原料には南九州産のもちあわが使用されています。

もちあわは雑穀の一種で、通常の白米などに比べて食物繊維やビタミンミネラルが何倍も含まれていることから、栄養価の高い原料として知られています。

ただし穀物なので、ワンちゃんにとっては消化吸収があまり良くないというデメリットもあり、主原料として使用するには少々不安を感じることもネックです。

その他、ビオナチュールに使用されている自然食材の多くがオーガニック、つまり無農薬、有機栽培で育てられていることもあり、ワンちゃんのカラダに優しいフードであることが考えられます。

もちろん着色料や保存料、酸化防止剤の使用もないので、愛犬に健康被害が及ぶ危険性は極めて低いと言えるでしょう。

また、ビオナチュールにはワンちゃんにとって危険と思われる原料の使用がひとつもなかったので、赤文字表記する部分は一切ありませんでした。

「ビオナチュール」のメリットとデメリットについて

メリット

人口添加物が一切使用されていない

ビオナチュールは添加物が不使用のドッグフードになっています。

人工的な着色料や保存料、酸化防止剤はもちろん、化学的に作られたビタミンや栄養素の使用もないので、本当に自然由来の栄養成分のみで作り上げられたフードということになります。

一般的なドッグフードは食材だけで栄養バランスを確保できないことが多く、合成ビタミンやミネラル、カルシウムなどが余分に加えられていることがほとんどですから、それに比べるとビオナチュールの食材がいかに優秀かわかります。

低温調理製法なので、栄養価が高く維持されている

ビオナチュールの製造方法には低温調理法が採用されています。

低温で時間をかけて原材料を調理することで、熱で失われてしまう栄養素などがそのまま守られ、栄養素がしっかりと含まれた状態でドッグフードを仕上げることが可能になっています。

一般的なドッグフードでは高熱処理でドッグフードが製造されているものも多く、熱に弱いビタミンなどはほとんど残っていない可能性もありますから、ドッグフードを選ぶ際にはこうした調理法にも配慮が行き届いているものを選ぶと良いでしょう。

原材料へのこだわりが強い

一般的なドッグフードには安価な原料である「トウモロコシ」や「小麦」といった穀物が多く使用されているケースが非常に多く、無農薬であるものも少ないため、ワンちゃんのカラダに負担がかかりがちです。

対してビオナチュールに使用されている穀物は、しっかりと原産地までが記載された国産の「もちあわ」が使用されています。
もちあわにはミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、通常の白米の何倍もの栄養価が認められています。

血中の悪玉コレステロールを低くしてくれる作用も持っていることから、ワンちゃんの健康維持には良いメリットを与えてくれる原料でもあります。

その他、使用されている鶏肉や野菜類などもすべて原産地が記載されていますし、野菜の栽培には無農薬を、使用する鶏の飼育には有機栽培された肥料を与えるなど、とことんオーガニックに徹底しているようです。

デメリット

保存期間が短い

ビオナチュールには人工的な保存料や酸化防止剤などが一切使用されていないこともあり、賞味期限が未開封時であっても「6か月間」です。

ちなみに開封後は1か月しか日持ちがしないので、長期保存には向かないフードです。

容量は1kgと2.5kgの2種類タイプがありますので、仮に1か月で2.5kg使い切らないような小型犬を飼育されている場合は、1kgパックを購入するなどしてうまく消費するようにしましょう。

また、ビオナチュールはアルミ製のパックを採用していることもあり、一定期間の酸化防止には期待ができるようですが、それでもドッグフードは一度封を開けると酸化が進みますので、酸化防止に徹底されたい方は真空容器などに小分けしておくなど保存方法に一工夫加えること
をおすすめします。

犬がメインに摂るべき動物性たんぱく質が少ない

主原料が鶏肉ではなく、もちあわやもちきびであるという点が非常に残念です。

ビオナチュールのタンパク質は21%以上含有されているので、AFFCOの基準は確かに満たしています。

ただ、主原料が穀物であるということは植物性たんぱく質の割合の方が多いということも明らかですから、必然的に動物性たんぱく質の割合が負けていることになります。

動物性たんぱく質には必須アミノ酸などが豊富に含まれていて、ワンちゃんの血行促進や筋肉維持、皮膚・被毛の健康維持などなど、様々な健康効果があることがわかっています。

また、必須アミノ酸はワンちゃんのカラダの中では作り出すことが難しいため、外部から積極的に摂取する必要があるわけです。

一方で、植物性たんぱく質にはアミノ酸は豊富に含まれてはいるものの、「必須」ではないため、体内でも作り出すことが可能なわけです。

もとより、ワンちゃんのカラダは穀物を消化できるようには出来ていませんから、いずれにせよ穀物が主原料であることはワンちゃんにあまりメリットを感じません

「ビオナチュール」の口コミ・体験談まとめ

「ビオナチュール」の良い口コミ

毛艶が本当によくなりました。皮膚トラブルにも無縁で、毎日健康体です。

このフードに茹でたササミを適量混ぜて与えているのですが、これがもううちの子の定番食です。毎食とても喜んで食べてくれます。

うちはパピヨンを飼育していますが、ビオナチュールを与えるようになってから毛艶が出て毛並みも改善され、今では本当にうちの子かと思うくらい高貴な犬に見えます!

うんちの硬さ、体調、毛艶、すべて改善されました!とても満足しています。

「ビオナチュール」の悪い口コミ

愛犬の食事にあまり手間をかけてあげる時間がないので、出来ればビオナチュール1本で食事が済ませられるといいのですが、栄養面的にそうもいかないので、少々使い勝手が悪いですね。

今までがグレインフリーのドッグフードを使用していたせいか、穀物が入っているビオナチュールだと、涙やけや皮膚の痒みといった症状が出てしまいます。

優先的に入っているのが穀物なので、あまり良いドッグフードとは思えません。

口コミまとめ

このように、良い口コミではビオチュールを使用したことで愛犬の毛艶や毛並みがかなり改善されたとの声が多く、食いつきの良さにも定評があります。

中にはササミをトッピングすることでたんぱく質量を確保するといった方法と取られている飼い主さんもいるようですね。

一方で、ビオチュールだけでは栄養バランスが不足してしまうことにデメリットを感じている方もいるようで、使い勝手の良し悪しには個人差があるようです。

「ビオナチュール」の総評

いかがでしたでしょうか?

ビオナチュールは製造方法やオーガニック原料、無添加などにとことんこだわった、健康志向のドッグフードであることがわかりました。

ただしビオナチュールは穀物が主原料となっているため、犬に必要な動物性たんぱく質が少々不足しているデメリットもあります。

ビオナチュールを愛犬に与える際は、併用して肉類が豊富なフードを一緒に与えてあげると、全体的に良い栄養バランスになるかと思います。

ビオナチュールは1kg1,890円から始めることも出来るようで、定期コースなどを利用するとさらにお得にビオナチュールを始めることができるそうなので、購入を検討されている方は一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント