MENU

噛み癖対策

幼い犬は人の手や身の回りのモノを噛む癖を見受けることがあります。

 

犬の噛み癖というのは、犬からしてみたら遊び半分だったり、じゃれ合いの延長だったり、侵入者に対するけん制だったりとさまざまな理由に端を発しています。

 

しかし犬の噛み癖を放置してしまうと、攻撃的な犬になったり、他人に危害を与える可能性が高くなりやすいです。

 

噛み癖のある犬のイメージ画像

特に人を噛んで怪我をさせてしまうと重大な事故になり、飼主と被害者の間で損害賠償に発展することもあります。
その場合は、飼主は責任を取って当該の犬を殺処分しなければならなくなることもあります。

 

そのような事態にならないためには、「遊びの延長だから可愛いものだ。」と飼い犬の無駄噛みを放置せずに子犬の段階から矯正して事前に行動を修正しておくことが大切です。

 

無駄噛みは人に重大な危害を与えなくても、犬の唾液を人に押し付ける行為につながるので、それを解消しておけば人からより可愛がられる犬になることができるでしょう。

 

基本的な無駄噛みの修正方法

無駄噛みをしないことを褒め、無駄噛みをしたことを叱ることどちらも大切です。
また噛んではいけないものを認識させ、「ほねっこ」などの犬用ガム製品などの代替え製品を与えることで噛んでいいものを与えることも大切です。

 

そうすることで犬のストレスも解消させ、犬の無駄噛みも解消することができます。

 

逆に噛んではいけないものを犬が噛んだら、「ダメ」「痛い」「なにやってるの」と大きな声を出して犬に不快な感情を与えましょう

 

また噛んではいけないものに味覚的刺激を与えることも効果的であるといわれています。
例えばからしなどの刺激物を塗っておくことで犬の行動を弱化させることができます。

 

また犬が噛まずに我慢していたときにごほうびを与えたり、褒めたりすることも大切です。