MENU

そもそもドッグフードのコスパとは?

コスパ=コストパフォーマンスの略ですが、コストが良いとなるとどうしても「低価格=コスパに優れている」といった印象が付きがちです。

 

ですが、ただ安ければコストパフォーマンスが良いというわけでは断じてありません。例えば健康被害のある格安ドッグフードを使い続けることは本当にコスパに優れていると言えるでしょうか?

 

確かに購入の際にかかる金額は低価格で済みますから、その点においては低コストであると言えるでしょう。

 

しかし、格安ドッグフードには低価格に繋がるそれなりの理由があり、原材料が粗悪なものや栄養価が低い原料ばかりが含まれていることがほとんどです。

 

アレルギーや病気を引き起こしやすい消化吸収に時間がかかるなど、多くの欠点が存在するため、使用を続ければ続けるほどワンちゃんの健康トラブルの引き金となり、それにおいてかかる費用が膨れ上がっていく傾向にあります。

 

これではどんなに低価格だとしても、「コスパが良い」という結果には程遠いと言えるでしょう。毎日与え続けるワンちゃんの食事が原因で、ワンちゃん自身が病気をしてしまっては意味がありません。

 

ドッグフードは日々のワンちゃんの食事に必要不可欠な主役とも言える食料ですから、ドッグフード選びの際に「価格」を気にすることは当然のこと。

 

ですが、それ以上に健康被害に関するデメリットも多くあるということを踏まえたうえで、価格と品質のバランスが取れたドッグフード選びを心掛けるようにしましょう。

 

格安ドッグフードによくあるデメリット

価格が安いドッグフードには、ワンちゃんに健康トラブルを招くデメリットが数多く存在します。

 

デメリット①栄養価が低い

格安ドッグフードはコストのかからない原料を大量使用・大量生産することで、驚くこと安価なドッグフードを製造することができます。(現に2㎏程度のドッグフードが600円台で販売されているケースも多く見受けられます)

 

トウモロコシや小麦の使用

低価格であろうと高品質なドッグフードであろうと「穀物」は大体のドッグフードに使用されています。

 

ただし、トウモロコシや小麦などは穀物の中でも特に消化がしにくく、ワンちゃんにとってかなり消化の負担を与えてしまいます。

 

トウモロコシや小麦は安価に手に入る原料であるため、製造側のコスト減を理由に多く使用されてしまいがちです。

粗悪な食材を使用している

ドッグフードにはたんぱく質が必ず配合されていますが、格安ドッグフードのたんぱく質の抽出源は廃棄寸前の肉類ばかりが使用されているため、そこから得られる栄養価は極めて低いと言えます。

 

良質なドッグフードには間違ってもそういった原料は使用されていませんし、「新鮮生肉」や「自然食材」と名の付くヒューマングレードが使用されていることがほとんどですので、そのあたりの点にも意識を傾けることが飼い主さんのドッグフード選びにおいて重要なポイントと言えます。

デメリット②カラダに害のある添加物が含まれている

上記のような原料を使用したドッグフードを長期間日持ちさせるために、人工的な保存料や酸化防止剤が使用されています。

 

  • 消費期限を長く確保するための保存料
  • ドッグフードの酸化を防ぐための酸化防止剤
  • 見栄えをよくする着色料
  • ドッグフードの香りをよくするための香料

 

などなど、これらはワンちゃんの健康被害に繋がるデメリットが多く潜んでいます。

 

特に、酸化を防ぐためにドッグフードに使用されるBHAやBHT、没食子酸プロピルなどはアレルギーのリスクや発がん性物質などが認められているため、これらはワンちゃんに限らず、私たち人間でさえ気をつけたいかなり危険な添加物です。

デメリット③一度に与える量を多くする必要性がある

格安ドッグフードはドッグフード1粒に含まれる栄養価が低いため、1度に与える量が多く設定されていることがほとんどです。

 

そのため、ワンちゃんが過度に満腹感を感じてしまったり、満腹感を感じるほど栄養がカラダに吸収されていないことが現状です。

 

また、与える量が多いとその分消化吸収にも時間がかかり、ワンちゃんの腸内に負担がかかるリスクが高まります。

 

うんちの緩みや便秘といった症状を持つワンちゃんの多くは、こうした格安ドッグフードの摂取が原因であることが多くあげられます

本当にコスパの良いドッグフードとは?

上記を見ていくと、いくら価格が安くても、格安ドッグフードは決してコスパが良いドッグフードではないことがわかります。

 

では、本当にコスパに優れているドッグフードとはなんなのでしょう?

 

本当にコスパに優れたドッグフードの特徴

  1. 添加物や穀物を使用していない
  2. 栄養価が高い
  3. 犬の健康や寿命に効果的な成分が多く含まれている
  4. ニーズに合わせた購入方法に工夫が施されている

 

このように、本当にコスパの良いドッグフードとは、ワンちゃんの健康や長寿を第一に考え、健康被害を最大限に減らした高品質ドッグフードのことを言います。

 

最近ではプレミアムドッグフード(高品質)と名の付くドッグフードが急増しており、プレミアムドッグフードには人口添加物が使用されていないことが第一条件と言えるほど、ワンちゃんの健康管理に気遣った製品製造をしています。

 

また、使用されている原材料は新鮮生肉・自然食材といった安全性の高い食材ばかりですので、ワンちゃんの健康管理にますます効果的といえるドッグフードです。

 

その他、ワンちゃんの足腰を強化するためのグルコサミン・コンドロイチンを始め、血液循環を良好にするサーモンオイルの配合や必須アミノ酸の配合など、プレミアムドッグフードの配合成分内容には驚かされるものばかり。

 

健康被害を招く保存料が一切使用されていない代わりに、天然の保存料としてローズマリーやビタミンEなどが配合されていますので、品質維持の面も心配がありません。

 

プレミアムドッグフードは高価なイメージがつきがちですが、今では多くのドッグフードメーカーが価格競争を起こしているため、プレミアムドッグフードはそれほど高くない値段で販売されています。

 

コスパで選びたい方へのおすすめ商品

ドッグフードを選ぶ時に気になるのがやはり価格ですよね。いいものを食べさせてあげたいけど…高いものだとリピート出来ない事も。

 

そこで、ご紹介している商品を管理人が独自に1kgあたりの価格を計算し安い順に並べてみました。価格で迷っている…という方は是非参考にして下さい。

 

※価格は全て税込で計算したものです。(初回購入価格があるものは初回価格)
※多少の価格の誤差が生じている事をご了承下さい。
※おすすめ度は管理人の個人的な評価です。価格ではなく商品に対しての評価となっております。
※質にこだわりたい方には★3つ以上をおすすめします。
以上の事にご理解頂きご利用下さい。

 

 

1kgあたりの価格を計算した場合の、おおよその価格を安い順に並べて見ました!

 

商品名 価格(税込) 内容量 1kgあたり おすすめ度
犬心(いぬこころ) 条件付0円 0.2kg 0円 評価4
ビタワン 365円 1.2kg 304円 評価0
愛犬元気 350円 1kg 350円 評価0
いぬのしあわせ 549円 1.3kg 422円 評価0
アイムス 1,291円 2.6kg 496円 評価1
FINEPET’S 1,080円 1.5kg 720円 評価5
プロマネージ 犬種別シリーズ 1,290円 1.7kg 758円 評価0
アボダーム 2,230円 2.2kg 1,013円 評価2
ナチュラルチョイス 1,093円 1kg 1,093円 評価3
ユーカヌバ 2,980円 2.7kg 1,103円 評価2
ロイヤルカナン 2,395円 2kg 1,197円 評価2
シュプレモ 1,198円 1kg 1,198円 評価3
ブッチ 3,000円 2.4kg 1,250円 評価5
ピュリナ【プロプラン】 3,178円 2.5kg 1,271円 評価2
ソリッドゴールド 2,415円 1.8kg 1,341円 評価3
サイエンスダイエット 2,287円 1.7kg 1,345円 評価1
UMAKA 2,138円 1.5kg 1,425円 評価4
ナチュラルバランス 1,620円 1kg 1,620円 評価3
吉岡油糧 1,620円 1kg 1,620円 評価1
アカナ 3,300円 2kg 1,650円 評価4
ナチュラルハーベスト 2,916円 1.59kg 1,833円 評価3
ボッシュ 1,890円 1kg 1,890円 評価3
アーテミス 1,922円 1kg 1,922円 評価3
いぬひかり 1,980円 1kg 1,980円 評価4
ソルビダ 3,780円 1.8kg 2,100円 評価3
カナガン 4,277円 2kg 2,138円 評価4
いぬはぐ 3,218円 1.5kg 2,145円 評価4
モグワン 4,277円 1.8kg 2,376円 評価5
ナチュラルドッグフード ラム 4,277円 2kg 2,138円 評価4
ネルソンズ 4,277円 2kg 2,138円 評価3
アズミラ 2,257円 1kg 2,257円 評価3
ピッコロ 3,421円 1.5kg 2,280円 評価4
マルチバランスドッグフード 247円 0.1kg 2,470円 評価2
ヤラー 1,501円 0.6kg 2,501円 評価3
Rhythm(リズム) 1,548円 0.6kg 2,580円 評価3
馬肉自然づくり 2,592円 1kg 2,592円 評価4
Dr.ケアワン 2,138円 0.8kg 2,672円 評価3
ロータス 2,700円 1kg 2,700円 評価3
リアルドッグフード 2,700円 1kg 2,700円 評価3
VISIONS(ヴィジョンズ) 540円 0.2kg 2,700円 評価4
オリジン 6,156円 2.27kg 2,711円 評価3
ネイチャーズバラエティ 4,968円 1.8kg 2,760円 評価3
このこのごはん 3,218円 1kg 評価4
鹿肉ドッグフード 980円 0.3kg 3,266円 評価3
ナチュロル 100円 0.03kg 3,333円 評価2
デイリースタイル 3,980円 1kg 3,980円 評価4
わんこのきちんとごはん 1,620円 0.25kg 6,480円 評価3

 

この表をみると、やはり価格が安いものはおすすめ度が低い商品が多い傾向にありますね。
犬心(いぬこころ)はコスパがいいものの、療法食になっているため全てのワンチャンに適していると言えません。

 

その中で、「ブッチ」は高品質のフードの割にコスパも良いです。
新鮮でヒューマングレードの安全な原材料で、無添加のグルテンフリーとなっています。
全年齢対応しており、ウエットフードですのでシニア犬にもおすすめです。

 

↓↓↓ブッチが気になる方はこちら↓↓↓

商品詳細はこちら

公式サイトはこちら