「C&Rドッグフード」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

オーガニック認定を受けている工場で製造されているC&Rドッグフード

主原料が肉であるという点や副産物が使用されていないという特徴があり、安全性がしっかりと確保されたドッグフードとして知名度があがっている商品ですが、果たしてその内容成分や効果などはいかに?

今回はC&Rドッグフードの5つのラインナップの中から、「オーガニック・ドッグ」と呼ばれる100%オーガニック原材料で出来ているドッグフードの詳細について詳しく調査!

効果や成分、価格帯をはじめ、C&Rドッグフードを実際に使用した口コミ体験談などもまとめてみましたので、ご参考にされてみてくださいね!

「C&Rドッグフード」ドッグフードの基本情報

価格と内容量 [楽天市場 参照]1袋2.27kg 3,600円(税込)
生産国 オーストラリア
使用している肉の種類 〇牛肉、ラム
穀類の使用 ×(ソルガム、ミレット)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇ローズマリーエキス使用(天然由来成分)
総合評価

「C&Rドッグフード」の配合成分や原材料について

牛肉/ラム肉/ソルガム/ひきわりミレット(黍)ひきわり大麦/米ぬか/天然ライムストーン/フラックスシードオイル/天然ビタミン&ミネラル(ビタミンE/ビタミンB群/ビタミンA/ビタミンK群/カロチン/ナイアシン/葉酸/チアミン/マンガン /ヨウ素/塩化コリン

※赤で記された原材料は、ワンちゃんにとってあまり良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく質 18%以上
粗脂肪分 8%以上
粗繊維 5.0%以下
粗灰分 7.0%以下
水分 10%以下

まず、タンパク質が豊富な牛肉やラム肉が第一原料として配合されている点がとても良いですね。

また、配合成分の中にはソルガムと呼ばれる穀物が使用されています。

ソルガムはグルテンの入っていない穀物ですので、ワンちゃんへの負担も少なく、鉄分やカルシウム・食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。

加えてワンちゃんの消化や便通にも優しく、アレルギー性も低いので比較的安心してワンちゃんに与えることのできる原料とみて良いでしょう。

そのほか、原材料の中にはひきわりミレットやひきわり大麦といった穀物が使用されています。

穀物は本来ワンちゃんが消化しにくい原料であるため、ドッグフードに使用することはあまり好ましくありません。
ひきわりミレットは栄養価がとても高いというメリットがあるものの、ワンちゃんにとっては少々向かない原料です。

また、ひきわり大麦に関しては普通の麦よりも粒が荒く、生の状態の大粒の麦のことを指しているため、消化はますます遅い傾向にあります。

この2点の穀物の配合に関しては、マイナスポイントと言えるでしょう

「C&Rドッグフード」のメリットとデメリットについて

メリット

主原料が栄養素豊富な肉メイン!

主原料の牛肉やラム肉には、犬の健康において重要なアミノ酸やカルシウム、鉄分などが豊富に配合されています。

また、炭水化物をエネルギーへと変換してくれるビタミンB1や、疲労・筋肉回復の役割をもつビタミンB2なども含まれているため、ワンちゃんのカラダを健康的に維持してくれます。

低脂肪のため、ダイエットに向いている

C&Rドッグフードは粗脂肪が8%とかなり低脂肪であるため、肥満解消やダイエットを必要のするワンちゃんにとってはとても理想的なドッグフードです。

一般的なドッグフードは粗脂肪分が10%~17%程あることがほとんどですので、それに比べるとかなり低脂肪であることがわかります。

安全性が高い!

C&Rドッグフードに使用されている原材料はすべて安全性の高いものばかりで、加えてカラダに害をもつ人工着色料や防止剤などが一切使用されていません。

使用している肉においても食用の肉を使用しているため、品質のしっかりとした、愛犬に安心して与えることのできるドッグフードと言えます。

また、C&Rドッグフードを製造している工場自体がオーガニック認定を受けた工場であることと、製品自体が100%オーガニック製品なので、その面においても安全性が高く評価できます。

涙やけや皮膚トラブルを解消する効果も!

C&Rドッグフードには添加物や着色料、副産物といったアレルギーを引き起こす危険成分が一切入っていません

そのため、それらが原因で起こりうるワンちゃんの涙やけや皮膚トラブルを改善することに期待がもてます。

デメリット

たんぱく質量や脂質が少ない

安全性においては評価が高いC&Rですが、ワンちゃんのカラダにとって肝心のタンパク質量や脂質量が低い傾向にあります。

粗タンパク質量に関しては18%と少々低めの配分量であるため、たんぱく質を多く必要とする健康的なワンちゃんにとってはやや低い数値であると言えます。

ダイエットや肥満、腎臓などに病気を抱えていない健康的なワンちゃんの場合、C&Rに加えて違う食品から栄養補給をする必要があるので、1つのドッグフードで栄養が賄えないという点がデメリットと言えます。

消化しにくい穀物の使用がある

衛生面や化学的な危険においては安全性の高いC&Rですが、原材料には少なからず穀物の使用があるため、ワンちゃんの腸内における消化の面が少々心配です。

また、大麦やひきわりミレットはアレルギー性が低いとは言われているものの、穀物にかわりはありません。
すでに穀物アレルギーをもっているワンちゃんには注意が必要です。

安全性が高い反面、価格もそれなりに高い

C&Rドッグフードは2.27㎏3,600円とそれなりに高価なドッグフードです。

市販などでよく見かけるドッグフードは2㎏程度で1000円を切るものがほとんどですので、そう考えるとかなり高いことがわかりますね。

もちろん、オーガニックで安全性が高く、主原料が肉であるというポイントを踏まえるとその価格にも納得がいくかもしれませんが、栄養面が不足していることを考えると、これにプラスしてさらにコストがかかるというのは一般家庭においてあまり現実的ではないかもしれません。

「C&Rドッグフード」の口コミ・体験談まとめ

「C&Rドッグフード」の良い口コミ

牛肉やラム肉が主役になっているドッグフードという点が気にいっています。我が家のチワワもよく食べてくれますし、大変満足しています。

とてもよく食べてくれるので、数か月前からこれ一本で済んでいます。

かなり太り気味だったので、ダイエット食として常用しています。味も美味しいのか、よく食べてくれますよ。

C&Rドッグフードに変えてから、皮膚の状態がよくなりました。

「C&Rドッグフード」の悪い口コミ

オーガニック製品ということに飛びつきましたが、タンパク質量が少ないので結局C&R以外にも何か与えないといけません。

よく食べてくれますが、うんちの量が今までに比べてかなり増えて、逆にちょっと心配になります。

食いつきが悪く、いつも残します。うちの子には不向きのようです。

C&Rドッグフードに切り替えてから、毛艶がなくなって毛がパサつくようになってしまいました。

大型犬を飼育している家としてはかなりのコストがかかるため、ちょっと高いかなあと思います。

口コミまとめ

このように、C&Rドッグフードは安全性の高さやダイエットに優れているという点において高評価を得ていますが、タンパク質や脂質などの栄養価が低いという欠点がどうしても低評価を招いていることが明らかとなりました。

「C&Rドッグフード」の総評

いかがでしたでしょうか?

C&Rドッグフードはオーガニックで安全性にも優れているので、多くのワンちゃんに安心して与えることができるドッグフードです。

タンパク質や脂質の配分量の少なさを考えると健康的な成犬にはあまり向いていないドッグフードですが、ダイエットや腎臓病など、タンパク質と脂質のバランスを見直す必要があるワンちゃんには恰好のドッグフードではないでしょうか?

コメント