MENU

国産・外国産ドッグフードの違い

ドッグフードは国産と外国産で違いがあります。
安全基準に注目した場合、より優れているのではどちらなのでしょう。

 

一般的に私達人間が食べる食材では国産の方が安心だという認識が強いと思います。
しかしドッグフードに関しては必ずしもそうとは言えないのが現状です。

 

なぜかというとドッグフードに使われる添加物に対する規制が違うからです。

 

日本ではドッグフードは食品ではなく雑貨に該当し、これが理由で安全基準も緩くなっています。添加物を使っていてもそれを表示しなくてよい場合があり、無添加と書かれていても実は添加物が入っているなんてことがあるのです。

 

一方で外国産のドッグフードは食品として扱われ安全基準も厳しいので安全性の高さで見れば外国産の方が優れていることが多いわけです。
大切な飼い犬のために少しでも安全なドッグフードを食べさせてあげたい、そう考えるなら外国産ドッグフードも選択肢に入れるようにしましょう。

 

ただ、ここで注意してほしいのは
国産ドッグフードがすべて安全性が低いわけじゃない点です。
国産ドッグフードでも安全に十分配慮し安心して食べさせられるものはたくさんあります。
安全基準で比較した時に国産よりも外国産の方が基準が厳しいのは間違いないですが、だからといって国産は危険とはなりません。
外国産の方がハズレが少ないといったイメージでしょうか。

 

ドッグフードの画像

安全基準も大切なポイントですが、なによりも大切なのはドッグフード自体の品質です。国産ドッグフードでも品質が良く安全性の高いドッグフードはたくさんあります。

>>国産にこだわる方はこちら

 

値段が高くなってしまうことがほとんどなので予算的に厳しいというケースもあるかもしれませんが、犬の健康を第一に考えるなら国産で品質の良いものを食べさせてあげるのも重要です。

 

 

外国産は安全性では優れていますが国内では入手しづらいイメージがあります。
しかしネットの普及とともに正規取扱い店で商品を購入することが出来ます。

 

国産と外国産、2つを比べた時に安全基準がより厳しいのは外国産です。
その意味では外国産のドッグフードを購入するのが理想的と言えるのですが商品ごとに品質は違います。ドッグフードを購入する時は国産か外国産かの前にまずは使われている原料などをチェックしましょう。国産は添加物が使われていることが多くなりますが中にはそうじゃない優れたドッグフードもあります。

 

産地だけじゃなくどんな原料が使われているのか
こちらの方が重要な要素になると考えましょう。