MENU

鹿肉ドッグフードの商品詳細

 

愛犬が本来持っている力を出していつまでもいきいきと生活ができるようにするのが鹿肉ドッグフードです。鹿肉ドッグフードは実際に2万頭近くの犬たちが食べてみて、食いつきが良くなったり毛つやが良くなったりしたと評判です。

 

 

鹿肉ドッグフード商品画像

 

ドッグスタンス「麹熟成」

 

おすすめ度  星3

内容量
1袋(300g)※お試しセット
価格
980円(税込)
ブランド会社
株式会社プロ・アクティブ
原産国
日本
餌のサイズ
小粒タイプ
犬のタイプ
老犬

主な原材料

鹿肉(生)、全粒大麦、玄米、精製大麦、牛肉、大豆、植物油、海藻、白身魚、酵母リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、V.C、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12

 

鹿肉ドッグフード公式サイトはこちら

鹿肉ドッグフードを最安値で購入する


 

鹿肉ドッグフードの粒

鹿肉ドッグフード・ドッグスタンス「麹熟成」は人間でも食べられる素材を使って作られた無添加のドッグフードです。300gのお試しセットがあるので、気になる方はまずそちらをおすすめします。
レギュラー購入は800gで3,456円(税込)とドッグフードの中でも高めとなっています。

 

 

老犬にベストなドッグフード

愛犬が年をとってきて元気がなくなる一番の理由は動物性蛋白質が不足してきているからです。老犬は段々と食欲もなくなってきますし、消化能力が落ちてきますので、高齢犬用のドッグフードはほとんどが低カロリーで低タンパク質なものです。
しかし、そのようなドッグフードを食べ続けていると、消化器官に負担はかからないのですが、本来必要となる動物性蛋白質が段々と不足してきて、老化が一層加速してしまうことがあります。
そのためには、良質なたんぱく質をたっぷり含んでいる鹿肉をメインにした鹿肉ドッグフードが最適な解決策になります。

 

 

鹿肉の効果

犬の祖先と言われているオオカミはもともと鹿を狩り、好んで食べていました。
なぜなら、鹿肉は脂身が少なく、低アレルギー素材ですし、様々な栄養素がバランスよく含まれているからです。昔から動物が本能的に選んできた鹿肉を食べるなら、年取った愛犬も本来の野生の力を取り戻すことができるでしょう。
鹿肉ドッグフードは鹿肉の生肉を90度以下で調理するようにして、老犬に必要な成分が壊れてしまったり、良質なたんぱく質が変質してしまったりするのを防ぐように工夫しています。当然、使われる鹿は国産の野生の鹿です。
そして、細かな配慮として、高齢犬がきちんと消化しやすくするために、お肉は麹で柔らかくして熟成させています。これにより必要な栄養素が全て消化器官に吸収されるようになります。

 

 

厳選した素材

鹿肉ドッグフードは鹿肉だけではなくその他の素材も厳選して選んでいます。
国産品の安心できる材料を数多く使用しています。
例えば、国産の牛肉を使っています。
さらに、腸内細菌を活性化させ、イネ科の有用成分を体に吸収させるために国産の玄米粉も使われています。これら無添加の素材を徹底して管理されている工場で丁寧に作られています。ただし全てが国産というわけではないので注意しましょう。

 

 

チェック
グレインフリーではないので、穀物アレルギーの犬にはおすすめできません。
また、鹿肉だけではなく牛肉も含まれていますので注意しましょう。
老犬にも食べやすいよう柔めに作られているようです。
水分を多く含むという事はその分早く痛む可能性があるので保存には気をつけましょう。

 

 

無着色で香料や保存料が一切使われていないというのは鹿肉ドッグフードの強いこだわりです。
年をとった愛犬が健康で元気でいるためにとことんこだわりぬいた鹿肉ドッグフードは強い味方になることでしょう。