MENU

愛犬家の間でも有名なドッグフードとは?

色んなドッグフードが販売されている中でも、愛犬家に人気のドッグフードは有名商品として認知されています。

 

ネットやホームセンターなどで販売されている、有名なドッグフード選ぶための正しい方法についてご存知でしょうか?
ただ単に有名品だから、人気だから、聞いたことあるから、ではなく愛犬に最適なものを選ぶことが大切です。

 

表示されている原材料名で注目しておきたいポイントなどを踏まえて、選ぶ時の参考にして下さい。

 

有名品ドッグフードで注目しておきたいポイントは?

ワンちゃんの健康を考えてフードを選ぶ場合は、少なくとも商品のパッケージやキャッチコピー、テレビCMなどだけで選ばないことが大切です。
注目しておきたいのはやはり、裏側の原材料名生産国などです。
生産国としてもっとも避けておきたいのはやはり中国といえるでしょう。
私たち人間の社会では、食品の安全性を脅かしニュースになる機会も多い国ですが、ペットフードでも大規模な健康被害を発生させています。

 

掲載されている原材料は、もっとも多く含まれているものから表示されているのは、人間の食品と同じです。
市販の製品では、お米やトウモロコシ、小麦などの穀物類が一番上に表示されているケースが多いようです。
犬は本来肉食であるため、穀物類は消化に適さないケースがよくあります。
ドッグフードの生産コストを安く抑えるため、言い換えれば「かさ増し」のために穀物を使っているドッグフードは多いので、注意が必要です。
アレルギーの原因物質となりやすく、下痢や軟便、食糞などのトラブルに繋がりやすい成分だといえます。

 

犬にとって必要な栄養素は動物性タンパク質なので、
一番上に肉類が表示されている食品を選ぶことがポイントといえます。
中には「グレインフリー」と呼ばれる、穀物類がまったく入っていないフードもありますので、選び方の基準となります。

 

加工品かどうかもチェックしておきたいポイントです。

○○パウダー○○ミール○○エキスといった表示になっている場合は、その原材料には合成添加物が含まれています。何が入っているのかわからない状態ともいえるので、このような表示のフードは可能ならば避けておきたいものです。
保存料も使われていることが多い添加物ですが、天然の添加物を使用しているか無添加のものを選ぶことが大切です。

 

ドッグフードに使われている原材料について、自信のないメーカーほど隠そうとする傾向にあり、高品質でこだわって作っているドッグフードは逆にさまざまな方法で安全性をアピールしています。
フードメーカーのホームページなどを通じて、原材料の生産地や添加物などを細かく詳しく紹介していることもあるので、安全性を重視しているドッグフードほど評判となっており、人気も集まっています。

 

犬は生涯を通じて同じものを食べ続けるのが普通なので、ぜひ安全な良いものを食べてもらうようにしましょう。

有名ドッグフードランキング

 

 
カナガン

カナガンの特徴

カナガンは愛犬家たちにも評判の人気商品です。ネットでしか購入できませんが「定期コース」もあるので、そちらを利用している方が多く、リピーターが多いようです。偏食な仔でも食付きがいいという口コミも。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価4

 
ナチュラルバランス

ナチュラルバランスの特徴

知る人ぞ知るこちらの商品は愛犬家に人気のプレミアムドッグフードです。全年齢対応のため、小さい頃からずっと与えているという人も少なくありません。無添加で低アレルギーで、価格もそこまで高くないのが魅力です。


価格 1,620円(税込)
内容量 1kg
おすすめ度 評価4

 
オリジン

オリジンの特徴

カナダに本社を構えるオリジンは知る人ぞ知る有名商品です。もちろん品質がいいからこそ人気になったフードであり、2009年から3年連続「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」に選ばれています。


価格 6,156円(税込)
内容量 2.27kg
おすすめ度 評価4

 

3位以下の有名ドッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
ロータス 2,700円 1kg 評価4
シュプレモ 1,198円 1kg 評価3
ナチュラルチョイス 1,093円 1kg 評価3
ボッシュ 1,890円 1kg 評価3
サイエンスダイエット 2,287円 1.7kg 評価2
ロイヤルカナン 2,395円 2kg 評価2
愛犬元気 350円 1kg 評価0
ビタワン 365円 1.2kg 評価0