魚(フィッシュ)が主原料のドッグフードは老犬の健康維持に役立ってくれると評判です。

魚(フィッシュ)を選ぶなら無添加がおすすめ

お魚といえば猫の得意分野というイメージがありますが、実は犬にとっても魚が有効とされているのをご存知でしょうか?
魚を主原料とすることでドッグフードを作った場合、どのようなメリットがあるでしょうか?
魚を食べさせたい愛犬の傾向や、その特徴や使い方を、栄養素や消化しやすさなどの点から見てみましょう。

 

 

フィッシュを使用したドッグフードについて

犬は本来肉食動物ですが、豚肉や鶏肉と同じように魚肉も食べることが可能です。
フィッシュ系のドッグフードが持っている大きなメリットは、低アレルギーだという点です。
ドッグフードの中には、穀物を使用したものがあったり、添加物がたっぷり入ったものも珍しくありませんが、無添加の魚を使用したドッグフードならアレルギーの心配はほとんど不要なのです。

 

魚には犬にとって大切な動物性タンパク質も豊富に含まれているのがポイントであり、栄養素の面ではほとんど心配ありません。

 

フィッシュ類を主原料としたドッグフードに含まれている栄養素としては、主にカルシウムが注目されています。
カルシウムにより歯や骨を丈夫にできる効果が期待できます。
犬は、食べ物をしっかり歯で噛んで食べることで大きなストレス解消に繋がりますが、脳への適度な刺激が、老犬のボケ予防にも役立っています。また骨を強くすることもできるので、運動不足や肥満などの解消にも繋がっていくのです。

 

魚にはタウリンもふくまれており、血液の流れを滑らかにしてくれる働きがあるので、動脈硬化や心臓の病気の予防などに役立ってくれます。
オメガ3脂肪酸と呼ばれる栄養素も豊富であり、皮膚を守ってくれる働きが期待できます。
オメガ3脂肪酸はさらにEPAとDHAに分けることができ、EPAには抗炎症作用や血栓予防、高血圧に対する抵抗力が期待でき、DHAには脳の発達やボケの予防に役立ってくれます。

 

栄養素を見てみると、特に老犬の健康維持にかなり役立ってくれるものといえますが、愛犬が無理なく消化できる食べ物だという点も高く評価できます。消化がよくなるということは、便の問題を解決できる可能性を持っている、ということです。
下痢がずっと続いていたり、うんちの臭いが強かったりする場合は魚を使用したドッグフードが有効です。

 

アレルギーが発生しにくいのもポイントといえるので、特に無添加のドッグフードならどんな犬にも食べられます。
どのフードも適さなかった子には、一度試してみましょう。

 

 

主原料が魚(魚肉)のドッグフードランキング

 

 
ソリッドゴールド

ソリッドゴールドの特徴

成犬・老犬におすすめ!魚肉ベースの無添加・低アレルギー・低カロリーのドッグフードです。厳しい基準をクリアした食材を使用し、WDJ(アメリカの有名な雑誌)でも賞賛されています。


価格 2,415円(税込)
内容量 1.8kg
おすすめ度 評価4