犬に与えてはいけない食べ物『果物編』~犬が食べると危険な果物リスト

犬に与えてはいけない食べ物・果物

犬に与えてはいけない果物には、ブドウレーズンがあります。絶対に与えないようにして下さい。

嘔吐や下痢、胃腸障害などになることがあります。悪化すると命に関わることもあります。

単体だけでなく、レーズンパンなどもレーズンが多く入っているので注意が必要です。ブドウと同種のプルーンなども与えないようにしましょう。

その他にも、グレープフルーツレモンアボガドなどの果物も与えないようにして下さい。中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

柑橘類の外皮も与えないようにしましょう。ソラレンという成分を含み、中毒物質となります。下痢などを起こすこともあります。

また、果物缶詰ドライフルーツなども与えないようにして下さい。加工食品は、栄養過多や糖分過多のため体に良くありません。

基本的に犬は果物を食べない為、与えたところで口にするかはわかりませんが、これらの果物は与えないように注意して下さい。

与えても良い果物

逆に犬に与えても良い果物にバナナがあります。

バナナにはカリウムが含まれているので、整腸作用があり、便秘解消が見込めます。白血球を活性化し、免疫力を高める効果もあると言われています。

リンゴなども問題ありません。リンゴの皮にはペクチンが含まれているため、便秘解消にも良いとされています。

果糖が含まれているため、あげ過ぎに注意しながらて種を取り除いてあげて下さい。

まとめ

いかがでしょうか。犬には与えてはいけない果物があります。成分が良くないため、果物だけでなくその果物を使用した食材などにも注意を払うようにして下さい。

果物だけでなく、他にも野菜や肉、魚系でも犬に与えてはいけない食べ物があります。

関連記事:犬に与えてはいけない食べ物『肉・魚系編』~犬にとってNGな肉・魚類

そういった食材を間違えてあげてしまわないためにも、なるべく基本はドッグフード中心の食生活にして下さい。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

知っておきたい知識
adminをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント