MENU

グレインフリーの特徴とは?

私たちの愛する身近な犬は、元々は肉食の動物です。
人間にとってお米やトウモロコシはとても身近な食品ですが、犬にとっては消化の難しいものです。
そのため、近年では原材料に穀物を使用していない「グレインフリー」と呼ばれるドッグフードの評判がよく、流行しているのをご存知でしょうか?グレインフリーがどのように犬の健康に関わってくるのか検証します。

 

 

穀物を使用しないグレインフリーのメリットを検証

どれほど見た目がかわいい大人しい犬であっても、その元をたどれば肉食動物です。
肉を噛みちぎる為の歯をもっており、肉を消化吸収する為にに発達した腸管の長さなど、肉食動物らしい進化をしているのです。
また、人間は穀物を消化するために「アミラーゼ」と呼ばれる酵素を体内に保有していますが、これももちろん犬には備わっていないのです。

 

消化しきれなかった食べ物は内蔵への負担を大きくかけてしまうことになりますが、体内にとっては不要な物質、つまり体には有害と判断されてしまうのも大きな問題です。

 

つまり穀物類は、犬にとって消化が難しいだけでなく、さまざまなアレルギー反応を起こしやすいという性質を持っている、ということになってしまいます。

 

そのため犬の体質によっては目やにが出てきたり、皮膚炎などの症状が現れます。
痒くなった肌を噛んだり、掻きむしったりすることで炎症はさらに悪化し、他の病気に発展してしまう恐れさえあるのです。
穀物不使用のグレインフリードッグフードならば、少なくともアレルギー反応については大幅にリスクが低下するのです。
もし愛犬に上記のような症状がある場合は穀物不使用のフードに変えてみることもおすすめです。

 

 

お米やトウモロコシなどは、ドッグフードの原材料としては有名なものですが、それらが入っていないグレインフリーのドッグフードの主原料は何なのでしょう。一般的に人気となっているのは、やはり肉類です。
犬がもっとも消化、吸収しやすい食材である肉を豊富に含んだペットフードならば、適切な食事量でも十分に強い筋肉を保つことができて、基礎代謝の維持にも繋がります。
鶏肉やラム肉、羊肉や豚肉が主流ですが、サーモンなどの魚類も犬の健康維持に大切です。

 

グレインフリーのメリットについてまとめると、犬が食べるべき本来の栄養素を持っているために、消化吸収がよくてアレルギー反応も起きにくい、という理想的な構成となっているのです。

 

ご飯を消化しきれないことで便が大きくなったり、アレルギー反応が気になる場合には、ぜひ一度グレインフリーのご飯を探してみましょう。

グレインフリードッグフードランキング

 

 
モグワン

モグワンの特徴

モグワンはグレインフリーで高タンパク、ヒューマングレードのドッグフードです。獣医師も推薦するフードで、愛犬の食い付きもいいと評判です。リピーターも多く、全犬種・全年齢に安心して与えられる商品となっています。


価格 4,277円(税込)
内容量 1.8kg
おすすめ度 評価5

 
ネルソンズ

ネルソンズの特徴

ネルソンズはグレインフリー・アレルギー対応のドッグフードです。7ヶ月から7歳までの全犬種に対応しています。品質チェックや生産管理も徹底して行っており安全性が高い商品です。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価5

 
カナガン

カナガンの特徴

グレインフリーはもちろんの事、人工添加物不使用で低アレルギーのドッグフードで、リピーターが多い商品です。飼い主さんが気になる事全てを解決してくれた、優秀なドッグフードの一つだと思います。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価4

 

3位以下のグレインフリードッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
オリジン 6,156円 2.27kg 評価4
アカナ 3,300円 2kg 評価3
ネイチャーズバラエティ 4,968円 1.8kg 評価3

 

こちらのランキングは、当サイトでご紹介している商品でのランキングとなります。
この他に、ナチュラルバランスナチュラルハーベストなどにもグレインフリー商品が発売さています。各商品一覧よりお探し下さい。