「グリーンフィッシュ」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回はイタリア産のドッグフード「グリーンフィッシュ」について詳しくご紹介していきたいと思います。

天然の魚を中心に、カラダに良いハーブ類がバランスよく配合されていることが特徴的なグリーンフィッシュですが、具体的にどういった原材料が使用されているのでしょうか?

そこからわかるグリーンフィッシュのメリットやデメリット、そのほか口コミ情報や価格などもまとめてみましたので、今後の購入のご参考にされてみてください!

「グリーンフィッシュ」ドッグフードの基本情報

グリーンフィッシュ

価格と内容量 [Amazon参照]1袋7.5kg 11,664円(税込)
生産国 イタリア
使用している肉の種類 〇魚肉(サバ、イワシ、ニシン、ツナ、タラなど)
穀類の使用 ×コーン(全粒)、米粉
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇天然トコフェロール(ビタミンE)
総合評価

「グリーンフィッシュ」の配合成分や原材料について

グリーンフィッシュ

天然の魚38%以上(ドライフィッシュミール:28%以上、フレッシュフィッシュ:10%以上)(サバ・イワシ・ニシン・ツナ・タラ)※季節により水揚げされる魚の種類に変動あり
コーン(全粒)、米粉、エンドウ豆、新鮮なコーンオイル、ビートパルプ、ビール酵母、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE(天然トコフェロール)、硫酸銅5水和物、炭酸鉄、酸化マグネシウム、硫酸亜鉛水和物、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、銅、鉄、マグネシウム、亜鉛、ヨウ素、セレン、 ナチュラルハーブ(アーティチョーク抽出物 )、ローズマリー抽出物、ミルクシスル抽出物

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 24%以上
粗脂肪分 10%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 7.4%以下
水分 8%以下
コンドロイチン硫酸 1300mg/kg以上

原材料を見てみると、グリーンフィッシュはドッグフード全体の38%を魚が占めていることがわかります。

魚には動物性たんぱく質が豊富に含まれているだけでなく、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸といった良質な脂も豊富に含まれているので、これはワンちゃんにとって理想的な栄養バランスと言えます。

コーンやビートパルプといったワンちゃんに向かない原料の使用も数点見受けられますが、気になる点と言えばその2点くらいでしょうか。

たんぱく質量も24%と十分な数値を満たしていますし、脂質量も程よい数値と言えます。

また、グリーンフィッシュには人工的な着色料や香料、保存料、酸化防止剤などが一切使用されていない点もとても評価できます。

「グリーンフィッシュ」のメリットとデメリットについて

メリット

魚肉をふんだんに使用!ワンちゃんに必要な栄養素を十分に摂取できる

グリーンフィッシュにはかなり多くの魚が使用されています。

魚が持つ健康効果には底知れないものが数多く、ワンちゃんの身体機能を健康的に維持するうえで最重要な動物性たんぱく質をはじめ、DHAやEPA、オメガ3やオメガ6脂肪酸といった、とにかく健康効果の高い成分が多く含まれています。

ちなみにDHAやEPAには老化防止や脳の活性化、代謝向上、血行促進、疲労回復、持久力アップなどなど、一口には書ききれないほどの健康効果があり、ワンちゃんの健康維持にはピッタリの成分です。

その他、オメガ3やオメガ6脂肪酸に関しては毛艶や皮膚の状態を正常化、向上してくれる効果もあり、毛並みや毛艶、皮膚荒れなどが気になるワンちゃんにも効果的です。

また、使用されている魚はドライフィッシュミールが28%、フレッシュフィッシュが10%と、安全性が不明確であるケースの多い「ミール」の使用量の方が多いことが気になりましたが、グリーンフィッシュの場合どんな魚を使用しているのかがしっかりと記載されているので、安全面においての心配もなさそうです。

消化に優れたハーブを配合

ワンちゃんのデリケートな腸をしっかりとサポートする目的で、グリーンフィッシュにはカラダに優しいナチュラルハーブが使用されています。

また、ハーブには殺菌作用や抗ウィルス効果もあるため、外部から侵入する菌やウィルスからワンちゃんを守ってくれる働きも持っています。

ストレス軽減効果やリラックス効果など、精神的にメリットのある効果もあるので、心身ともにワンちゃんのカラダに良い原料であると言えます。

危険な添加物が使用されていない

原材料を見てお分かり頂けたかと思いますが、グリーンフィッシュにはワンちゃんにとって危険と思われる着色料や保存料、人口酸化防止剤などの使用が一切ありません。

人工的な着色料や酸化防止剤は下痢や嘔吐、皮膚トラブルなどの原因のひとつで、摂取量が多いと死に至ることもありますので、愛犬に与えることは絶対に避けたい原料です。

グリーンフィッシュの場合、酸化防止剤には天然のトコフェロール(ビタミンE)が使用されていて、ワンちゃんのカラダにも優しい原料でドッグフードの品質を維持してくれていることがわかります。

デメリット

フレッシュフィッシュの割合がいまひとつ

グリーンフィッシュは乾燥させたフィッシュミールや生魚を使用していますが、割合がドライフィッシュミール28%、生魚が10%と、ドライフィッシュミールの割合の方が多いようです。

ワンちゃんには一度加工がされたミールよりも、出来れば栄養価が失われない状態のままの生魚を多く摂取させてあげたいところですので、生魚10%という割合はやや少ないかと思います。

せっかく安全性がしっかりとしたドッグフードなので、生魚が主役になっていたならば更に良質なドッグフードとなっていたことでしょう。

コーンやビートパルプの使用が気になる

一般的なドッグフードには穀物がほとんどと言っていいほど数多く含まれています。

それに比べれば、グリーンフィッシュに含まれる穀物の量など軽いものと言っても良いのですが・・・やはり穀物は穀物です。
穀物はワンちゃんがアレルギーを引き起こしやすい原料でもあり、加えて消化がほとんどできない食材でもあるのです。

特にグリーンフィッシュで使用されているコーンは比較的アレルギーが出やすい原料なので、カラダがデリケートなワンちゃんにはあまりおすすめできません。

また、原材料の中にはビートパルプの使用もありますが、このビートパルプもよく一般的なドッグフードに使用されがちな原料として有名です。

というのもこのビートパルプ、砂糖を精製する際に残る甜菜のカスのことで、食物繊維が豊富でワンちゃんの腸にはあまり向いていない原料なのです。

お腹が極端に緩くなるケースもあるので、腸が弱いワンちゃんや、ビートパルプに免疫のないワンちゃんには注意が必要です。

魚が主体なので、好き嫌いがはっきりと分かれる傾向にある

ドッグフードは一般的にお肉がメインであることが多く、たとえ穀物ばかりの安価なドッグフードでも、お肉のエキスなどを利用して味をごまかしていることがほとんどです。

そんな中で、お魚がメインとされているドッグフードって実はそこまで数があるわけではないので、今までお魚にあまり縁がなかったワンちゃんがグリーンフィッシュに挑戦した場合、最悪「まったく食べない」ということも大いに考えられます。

グリーンフィッシュは魚以外の肉類がまったく含まれていないフードですから、今までのチキンやビーフ系のフードからいきなりガラっと種類が変わると、愛犬がビックリしてしまうかもしれません。

「グリーンフィッシュ」の口コミ・体験談まとめ

「グリーンフィッシュ」の良い口コミ

確実に毛艶がよくなりました。使用して2か月程度で効果を実感できましたよ。

皮膚トラブルが絶えなかったのですが、グリーンフィッシュにしてからはその全てが改善されました。

食いつきがいいです。価格もそこまで高くないので、続けやすいですね。

とにかく毛艶に良いという印象です。かなり毛並みもよくなって、触っていて気持ちがいいです。

「グリーンフィッシュ」の悪い口コミ

魚メインなので食べてくれるか不安でしたが、やっぱり食べてくれませんでした。

いつも完食できずに残しています。魚の味が苦手なのでしょうか。

涙やけが改善されるかと思いましたが、特に何も症状は変わらず・・・。

口コミまとめ

このように、良い口コミでは愛犬の毛艶がかなり改善されたとの声が多く、皮膚トラブルにも効果を実感している方がいるようですね。

一方で、ワンちゃんによってはお魚が苦手でまったく食べない子、食べはするものの続かない子もいるようで、思ったような効果を実感できなかったとの声も見受けられました。

「グリーンフィッシュ」の総評

いかがでしたでしょうか?

グリーンフィッシュはお魚メインのドッグフードということで、ワンちゃんによっては好みがわかれるデメリットもあることがわかりました。

ただ、お魚に含まれる栄養価の高さには本当に底知れぬものがあり、私たち人間でも積極的に摂るべき数多く使用されていることもあきらかです。

穀物の使用もあるため、穀物アレルギーのワンちゃんには使用不可となっていますが、それらをクリアしているワンちゃんであれば、一度試してみる価値は多いにあるかと思います。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント