MENU

犬の保険について

愛犬家や動物を愛するペット愛好家にとって、わが子のように可愛がっているペットが、病気になったり、ケガをしてしまったら困りますよね。

 

しかし人間以上に動物の病気やケガというのは、金銭的にも大きな負担になるケースも少なくありません。動物病院や獣医を受診すれば高額な費用を請求されることも少なくありません。

ペット保険イメージ

 

しかし人間のように国民健康保険や公的な医療保険に犬自身が加入していることはできませんよね。そこで国内保険会社が提供している保険のプランとして犬やねこのペット保険があります。

 

いくつかご紹介したいと思います。

 

アクサダイレクトが影響する「いぬのきもち保険」は病気やケガによる通院から高額な手術費や治療費を賄えるほか、24時間、獣医師の無料相談が受けられるサービスが付帯しているなど魅力的な保険となっています。

 

他にも携帯電話事業者として有名なNTTドコモが提供する「ドコモのペット保険」は、「手術ケア」といわれる手術に特化した保険プランと手術だけでなく、通院や入院にも対応した「トータルプラン」から設定されています。
トータルプラン場合、8歳11か月まででないと保険に加入できないのに対して、手術ケアに関しては12歳11か月まで保険の加入が可能です。

 

またソニー損保でもおすすめしているアニコム損害保険株式会社のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりい」では、業界シェアナンバー1の実績を持っています。
「どうぶつ健保ふぁみりい」の特徴としては、ケガや病気に対して70%、50%の支払い割合を選べる二つのプランが用意されています。
どちらも7歳11か月までに加入することが条件で、原則として終身で保険に加入することができます。

 

このようにペットのもしものときのために備えて、保険会社が提供するペット保険に加入しておくことは、愛犬を守るためにとても重要な措置だといえるでしょう。

 

愛犬がいつまでも元気でいれるように、普段から与えるものも無添加ドッグフードなどにこだわったりするのもいいでしょう。