愛情物語「霧島鶏」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

株式会社イースターが販売している国産ドッグフード、愛情物語「霧島鶏」。

そのウェットなタイプや凝縮された鶏肉の旨味などから、ワンちゃんの食いつきも良いとの定評を受けているドッグフードですが、栄養価や安全性においてはどのくらい期待がもてるものなのでしょうか?

今回は愛情物語「霧島鶏」のラインナップの中から角切りササミ&チーズに着目!

霧島鶏の原材料をはじめ、効果や価格、口コミ情報などをまとめてみましたので、ドッグフード選びのご参考にされてみて下さい!

愛情物語「霧島鶏」ドッグフードの基本情報

愛情物語「霧島鳥」【成犬:ササミ角切り&チーズ】

価格と内容量 [楽天 参照]70g×3パック 214円
生産国 日本
使用している肉の種類 〇(鶏胸肉、ささみ)
穀類の使用 〇(不使用)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(不使用)
総合評価

愛情物語「霧島鶏」の配合成分や原材料について

肉類(鶏胸肉、ささみ)、でん粉類(タピオカ澱粉)、乳類(チーズ)、油脂類(精製魚油:DHA・EPA源)、カミツレ抽出物(カモミール)

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく質 12%以上
粗脂肪分 1.5%以上
粗繊維 0.3%以下
粗灰分 2.2%以下
水分 84%以下

原材料を見てみると、非常にシンプルな内容になっていることがわかります。

たんぱく質源は主に動物性たんぱく質である鶏肉メインですので、粗たんぱく質量に関しては動物性たんぱく質が主となっていることが予想されます。

ワンちゃんには植物性たんぱく質よりも動物性たんぱく質の方が重要ですから、一般的なドッグフードに穀物をメインとしているものが多い中で、ここは霧島鶏の高評価ポイントです。

ただし、たんぱく質量が12%というのはちょっと残念です。

AFFCOが定める犬に必要だとされる栄養基準値は22%とのことなので、せめて22%に届かなくてもそれに近いタンパク質量は欲しいものです。

その他、健康被害のある着色料や酸化防止剤などの使用はありませんので、ワンちゃんのカラダに害が及ぶ危険性も極めて少ないと言えるでしょう。

愛情物語「霧島鶏」のメリットとデメリットについて

メリット

国産の鶏肉が使用されている

愛情物語「霧島鶏」には、南九州で飼育されている鶏が使用されています。

国産の鶏肉を使用しているという点においては、私たち日本人にとって大きな安心感を与えてくれますし、九州地方は鶏の養殖が盛んな地でも有名ですので、衛生面等に不安を覚える産地ではないことに安心感があります。

70gごとの小分けパックだから、保管もしやすい

缶詰などのウェットタイプは一度に使い切れない、開封すると臭いも気になるといった保管のしずらさを感じる方も多い中、愛情物語「霧島鶏」は70gずつ小分けに梱包されているため、1食もしくは2食程度で使い切ることができるドッグフードです。

これなら酸化の面においても安心ですし、何より1日で使い切れる量なので、臭いなどを気にされる心配もなくなりそうですね。

水分量が豊富!シニア犬にもおすすめ

一般的なドッグフードと言えば完全なドライフード状態のものが多く、水分量も10%前後のものがほとんどである中、愛情物語「霧島鶏」の水分量は84%以上とかなり高いことがわかります。

これはウェットタイプの利点で、水分量が特に必要なシニア犬などにも最適と言えます。

水をあまり飲んでくれないワンちゃんでも、こうしたウェットタイプのドッグフードを食事のメインにしてあげることで、水分不足を補うことができますね。

人口添加物不使用!アレルギーに敏感なワンちゃんにもおすすめ

ワンちゃんのアレルギーは食事から起こるものも多く、特に人口添加物や穀物を口にすることにより、発症率があがると言われています。

愛情物語「霧島鶏」にはワンちゃんのカラダに負担のかかる人口添加物(発がん性のある着色料や防止剤)の使用が一切ありませんし、アレルギー・消化不良を起こしやすい小麦粉やトウモロコシといった穀物の使用もありません

基本的に鶏肉がメインとなっているので、多くのワンちゃんが安心して食べることのできるドッグフードと言ってよいでしょう。

デメリット

愛情物語「霧島鶏」のみでは栄養素が不足する可能性も

安全性や品質にはまず問題がないと言っていい霧島鶏ですが、たんぱく質や脂質などの栄養成分が全体的に低い傾向にあるため、これ1本で日々の食事を済ませてしまうのは、健康維持にやや不安を覚えます。

ちなみに、犬にとって必要な1日のタンパク質量は約4.8g×体重(kg)で割り出せますので、愛犬の体重で計算して、一度確認してみるとよいでしょう。

顎の力が弱くなる可能性も

愛情物語はウェットタイプで口当たりがかなり柔らかいので、顎の力をほとんど使わずに食事をすることができます。

顎の力が極端に弱いシニア犬などには良いのですが、成犬期などは筋肉維持のためにも積極的に顎を使って顔の筋肉を強化していくことが望ましいため、愛情物語「霧島鶏」のみでの使用はあまりおすすめしません。

ドライタイプだと食べてくれないワンちゃんの場合は、愛情物語「霧島鶏」のみを与えるのではなく、ドライフードと混ぜて与えるなどの工夫をすると、しっかり噛む力が維持されながら、美味しく食事を楽しむことができるかと思います。

ビタミン・ミネラルなどの栄養素が不足しがち

原材料が鶏、でん粉、チーズ、油(魚油)と、非常にシンプルな内容なだけに、その他犬に必要なビタミンやミネラル等が少々不足している傾向にあります。

鶏肉にはビタミンB1をはじめ、ビタミンB2やビタミンE、鉄、必須アミノ酸といった栄養素が含まれていることは確かですが、霧島鶏は1食で得られる鶏肉の量自体が少ないので、同時に得られる栄養素の量も少なくなります。

そのため、健康維持、カラダのメンテナンスを考える際には、他のドッグフードと併用して与えるなどの工夫が必要になってくるかと思います。

愛情物語「霧島鶏」の口コミ・体験談まとめ

愛情物語「霧島鶏」の良い口コミ

とにかくよく食べてくれるようになって、以前より毛艶もよくなったように思えます。

ドライフードは嫌いでも、霧島鶏を混ぜてあげることでよく食べてくれるようになりました。食事の補助的な役割として愛用しています。

おやつとして1日1回霧島鶏を与えています。主食以外からもたんぱく質が多く摂れるので、健康維持に重宝しています。

愛情物語「霧島鶏」の悪い口コミ

食いつきは良かったのですが、1週間もすると飽きてしまうのか、あまり食べてくれなくなりました。

うんちが緩くなってしまったので、前のフードに戻してしまいました。

口臭が気になるようになりました。ガムを与えてもあまり効果がないような・・・。

口コミまとめ

このように、良い口コミでは愛犬がよく食べてくれるようになったとの声が多く、おやつとして愛犬に与えている飼い主さんもいることがわかりました。

確かに、肥満に繋がってしまうような脂質の多いおやつなどを与えるより、たんぱく質が摂れて脂質も低い霧島鶏をおやつがわりに与える方が、よほどワンちゃんのカラダにも良さそうですし、ワンちゃんに不足しがちなたんぱく質の確保も出来て、一石二鳥ですね。

愛情物語「霧島鶏」の総評

いかがでしたでしょうか?

霧島鶏はワンちゃんのカラダに合わない穀物や添加物の使用も一切なく、安心して愛犬に与えることのできるドッグフードであることがわかりました。

ただし、摂取できるたんぱく質量や栄養素が少々少ないため、主食として与える際には何かほかのドッグフードも混ぜてあげると、健康面において安心かと思います。

小分けもされていて使い勝手がよいので、ドライフード嫌いなワンちゃんにも一度与えてみる価値ありと言えます。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント