MENU

低アレルギー

私たちのような生命体が生きていくためには、体の免疫機能はとても重要なものです。
この機能はもちろん犬にも備わっていますが、この機能が悪い方向に働いてしまうことで、鼻水がでたり、くしゃみがでたり、目が充血したりという反応を見せるケースがあります。
これをアレルギー反応と呼んでいます。

 

ドッグフードの選び方次第では愛犬を苦しませてしまうことになりますので、アレルギー用のドッグフードを与えてあげる必要があります。

 

 

アレルギー反応を起こさないために

アレルギーは誰にでも発生するものなので、どんな犬を飼っている家庭でも無関心ではいられません。
純血種の犬などは抵抗力が弱い傾向にありますが、雑種でもアレルギー反応は見られるため、十分な配慮が必要です。

 

第一に重要なのは、アレルギー反応を見逃さないことです。
鼻炎や皮膚炎、腸炎や眼瞼炎症などさまざまなケースが発生しますが、特に多いのは皮膚炎です。
犬の皮膚はどこも毛に覆われており見えづらいので、スキンシップのついでに逐一チェックすることが大切です。
皮膚炎は痒みを伴うため、自分で噛んだり引っ掻いたりしてしまうので、気付くのが遅れると重症化することもあります。
アレルギー性の皮膚炎を見つけたらすぐに獣医師へ相談しましょう。

 

そのほかのアレルギー反応としては、フケが出たりハゲてしまうほど抜け毛が多かったり、顔周辺や両足の付け根部分が赤くなっている場合、そして下痢や嘔吐などの症状が見られます。

 

アレルギー反応を避けるためには、アレルゲンからみた低アレルギーのドッグフード選びが一つのポイントになります。
特に上記のような反応が発生しているようであれば、すぐにでもフードを見直しましょう。

 

アレルゲンとなる物質は、ドッグフードに含まれている化学合成物が第一に挙げられます。
このような添加物はすぐにアレルギー反応を起こすことはありませんが、体内に有害物質が蓄積することである日突然、症状が現れます。

 

その他、小麦やトウモロコシなどへのアレルギー体質の犬もいますので、まずはアレルギーの原因物質を避けることが重要です。

 

 

低アレルギーとされる原料は、ラム肉鹿肉魚類野菜類です。

 

これらを使用したフードならば、アレルギーに苦しまずに済む可能性が高まります。
お米と魚や、ポテトと魚などのコンビネーションは、低アレルゲンフード定番の組み合わせとも言える王道なので、このような組み合わせの無添加フードを選びましょう。

 

愛犬は自分で食べるフードを選ぶことができず、飼い主に出されたものを食べるしかありません。
アレルギー対応のフードを慎重に選んであげることが必要です。

 

 

 

低アレルギードッグフードランキング

 

 
ナチュラルドッグフード ラム

ナチュラルドッグフード ラムの特徴

アレルギーの元になりやすいトウモロコシ、小麦、大豆などは使用しておらず、比較的アレルギーの少ないと言われるラム肉を使用している100%無添加のプレミアムドッグフードです。


価格 4,277円(税込)
内容量 kg
おすすめ度 評価5

 
馬肉自然づくり

馬肉自然づくりの特徴

アレルギーの原因となる小麦粉を使用しておらず、栄養満点の馬肉を主原料とした低アレルギーフードです。国内産の材料を使用し、人間も食べれるレベルのドッグフードでリピート率も高いようです。


価格 1,000円(税込)
内容量 0.3kg
おすすめ度 評価5

 
ネルソンズ

ネルソンズの特徴

低アレルギーで無添加のプレミアムドッグフードです。グレインフリーですし、愛犬に安心して与えられるフードの一つです。高タンパク・低炭水化物の愛犬にとっていい配合のレシピとなっています。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価5

 

3位以下の低アレルギードッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
モグワン 4,277円 1.8kg 評価4
ブッチ 3,000円 2.4kg 評価5
ロータス 2,700円 1kg 評価4
カナガン 4,277円 2kg 評価4
ソリッドゴールド 2,415円 1.8kg 評価4
ナチュラルバランス 1,620円 1kg 評価4
アボダーム 2,230円 2.2kg 評価3
ナチュラルハーベスト 2,916円 1.59kg 評価3
アカナ 3,300円 2kg 評価3