MENU

低カロリードッグフードのメリット・デメリット

愛犬へのしつけは飼い主の使命とも呼べる大切なことですが、体重管理も忘れてはいけません。
痩せすぎはかわいそうですが、太り過ぎはもっとかわいそうであり、肥満からくる病気や怪我は寿命を縮めます。

 

「最近太ってきたかな?」と感じたら、低カロリーのドッグフードに切り替えることが大切です。
しかし、その場合は栄養価についてもしっかり見ておく必要があります。

 

 

低カロリードッグフードの見つけ方と落とし穴とは

愛犬のダイエットに適している、低カロリーのドッグフード選びには一つ、大きな落とし穴があるのをご存知でしょうか?

 

「低カロリードッグフード」を謳う商品の多くは、その主原料に穀物を使用する事で表示カロリーを引き下げています。お米やトウモロコシなどの穀物は、タンパク質が少なめで炭水化物が多めという構成になっています。

 

しかし犬は本来肉食動物であるため、タンパク質が多めで炭水化物が少なめという構成の栄養素が求められるのです。
つまり、穀物中心のドッグフードを食べ続けると、その栄養素を十分に吸収できなくなってしまうのです。

 

一見すると、栄養素を吸収できない、ということはカロリーの低下に繋がっているようにも感じられますが、実際には以下のような問題が発生します。
十分な動物性タンパク質を食べることができなくなった犬は、健康的な筋肉を保つことができなくなり、代謝が下がってしまうのです。もっともエネルギーを消費しているのは筋肉なので、筋肉量が低下すると余分なエネルギーが脂肪へ変化し、無駄に太ってしまう原因となります。

 

愛犬用のダイエット用ペットフードを探す為に、まずは穀物中心の原材料を避けて選ぶことがポイントとなります。

 

また、犬は食べることが大きな楽しみの一つなので、食事制限を強要するのはとてもかわいそうだといえます。
十分な食事量かつカロリー量を抑えるためには、肉類を中心とした低カロリーのダイエットフードを選んで、痩せやすい体質にしてあげることが大切です。

 

筋肉は脂肪よりも重いので、ある程度体重は増えてしまうことになりますが心配ありません。
実は人間の場合も同じなのですが、体重の表示だけで肥満かどうかを判断するのは間違いなのです。
健康的な筋肉が備わった犬は基礎代謝が大きいために脂肪がつきにくく、生活習慣病のリスクも低下します。
もちろん肉だけでは栄養素が不足するため、野菜なども適量使われているフード選びがポイントです。

低カロリードッグフードランキング

 

 
ピッコロ

ピッコロの特徴

ピッコロはシニア犬に嬉しい低カロリー・脂質控えめのフードです。良質な動物性タンパク質を多く含み、栄養バランスを考えて作られています。高品質の食材を使っており、無添加・グレインフリーとなっています。


価格 3,421円(税込)
内容量 1.5kg
おすすめ度 評価4

 
Dr.ケアワン

Dr.ケアワンの特徴

低カロリー&高品質のタンパク質でシニア犬に安心して与えることが出来るフードです。抗酸化作用のある食材やグルコサミン・コンドロイチンなども配合されており、愛犬の健康維持にもおすすめです。


価格 2,916円(税込)
内容量 0.8kg
おすすめ度 評価4

 
犬心(いぬこころ)

犬心(いぬこころ)の特徴

高血糖・高脂血に関わる病気対策の療法食のため、低カロリーでも栄養はしっかりバランスよく摂取出来ます。無添加でヒューマングレードのドッグフードをお探しの方におすすめです。


価格 初回0円(税込)
内容量 0.2kg
おすすめ度 評価4

 

3位以下の低カロリードッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
馬肉自然づくり 2,592円 1kg 評価4
わんこのきちんとごはん 1,620円 0.25kg 評価3
ソルビダ 3,780円 1.8kg 評価3
ナチュラルハーベスト 2,916円 1.59kg 評価3
ソリッドゴールド 2,415円 1.8kg 評価3
マルチバランスドッグフード 890円 0.5kg 評価2
サイエンスダイエット 2,287円 1.7kg 評価1
いぬのしあわせ 549円 1.3kg 評価0