低カロリーなのに栄養価が高いドッグフードの見つけ方 | ダイエットにも最適な商品はこちら!

愛犬へのしつけは飼い主の使命とも呼べる大切なことですが、体重管理も忘れてはいけません。痩せすぎはかわいそうですが、太り過ぎはもっとかわいそうであり、肥満からくる病気や怪我は寿命を縮めます。

「最近太ってきたかな?」と感じたら、低カロリーのドッグフードに切り替えることが大切です。

しかし、その場合は栄養価についてもしっかり見ておく必要があります。

低カロリードッグフードにはメリットだけでなくデメリットもあるのでしっかりとその性質を知って利用するようにしましょう。

低カロリードッグフードの見つけ方と落とし穴とは

愛犬のダイエットに適している、低カロリーのドッグフード選びには一つ、大きな落とし穴があるのをご存知でしょうか?

「低カロリードッグフード」を謳う商品の多くは、その主原料に穀物を使用する事で表示カロリーを引き下げています。お米やトウモロコシなどの穀物は、タンパク質が少なめで炭水化物が多めという構成になっています。

しかし犬は本来肉食動物であるため、タンパク質が多めで炭水化物が少なめという構成の栄養素が求められるのです。

穀物中心のドッグフードのリスク

つまり、穀物中心のドッグフードを食べ続けると、その栄養素を十分に吸収できなくなってしまうのです。

一見すると、栄養素を吸収できない、ということはカロリーの低下に繋がっているようにも感じられますが、実際には以下のような問題が発生します。

十分な動物性タンパク質を食べることができなくなった犬は、健康的な筋肉を保つことができなくなり、代謝が下がってしまうのです。

もっともエネルギーを消費しているのは筋肉なので、筋肉量が低下すると余分なエネルギーが脂肪へ変化し、無駄に太ってしまう原因となります。

愛犬用のダイエット用ペットフードを探す為に、まずは穀物中心の原材料を避けて選ぶことがポイントとなります。

愛犬の体重コントロールは飼い主しかできない

また、犬は食べることが大きな楽しみの一つなので、食事制限を強要するのはとてもかわいそうだといえます。

十分な食事量かつカロリー量を抑えるためには、肉類を中心とした低カロリーのダイエットフードを選んで、痩せやすい体質にしてあげることが大切です。

筋肉は脂肪よりも重いので、ある程度体重は増えてしまうことになりますが心配ありません。

実は人間の場合も同じなのですが、体重の表示だけで肥満かどうかを判断するのは間違いなのです。健康的な筋肉が備わった犬は基礎代謝が大きいために脂肪がつきにくく、生活習慣病のリスクも低下します。

もちろん肉だけでは栄養素が不足するため、野菜なども適量使われているフード選びがポイントです。

総合ドッグフードランキング

1位 ブッチドッグフード

ヒューマングレードの原材料をたっぷり使い、高タンパク質・低脂肪の肉食動物に最適なドッグフード。

人工的な調味料・香料・着色料・保存料などは一切使用しておらず、アレルギーの原因となる小麦粉などを使用しないグルテンフリーとなっています。

最大の特徴はドライフードではなく、喰いつきやすいウエットフードになっていること!本格的なウェットフードであるにも関わらずコスパが良いも魅力です。

トライアルセットで3種類の味が試せるのも大きなメリット。

「栄養素」「安全性」「喰いつき」「価格」のすべての面において最高レベルの品質を持ったイチオシのドッグフードです。

2位 モグワンドッグフード

手作りレシピを再現した最高品質のプレミアムドッグフードである「モグワン」

グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

主原料は「チキン」と「サーモン」でヘルシーな作り。両方とも人が食べられる品質のものが使用されています。

これだけの高品質であるにも関わらず価格はプレミアムドッグフードの中では安く、コスパも抜群に良いです。

3位 いぬはぐ

最大の特徴は乳酸菌やオリゴ糖が配合されていて、腸内の環境を根本から改善する機能が備わっているということです。

もちろん原材料の品質も高く、主原料はヒューマングレードの鶏肉を使用するなど非常に高品質。

そのほかにもグルコサミンやコンドロイチンなど、骨に優しい成分も配合しています。

プラスαの効果がうれしい、超高品質のドッグフードに仕上がっています。

4位 カナガンドッグフード

モグワンと並んで人気のあるのが「カナガン」ドッグフードです。

カナガンもモグワンと同じく、グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

カナガンの主原料は「チキン」単体なのでカロリーは高めになっています。

タンパク質が十分に摂取できるので運動をしっかりしているワンちゃんにはとてもオススメのドッグフードです。

5位 アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードの特徴は「ラム肉」が主原料であることです。

チキンはアレルギーを発症する確率が低いのですが、アレルギーを発症してしまったワンちゃんにとっては嬉しい商品ですね。

ヒューマングレード&人工添加物不使用ですが、グレインフリーではありません。

ただし、使用している穀類は玄米や全粒オーツ麦など犬の消化にも良いものなので安全性は高いです。

比較的タンパク質やカロリーが少なめなので、運動量の多いワンちゃんには不向きになっています。

コメント