肉、魚問わず生モノは、寄生虫や胃腸障害で下痢を起こす可能性があるので与えないでください。

犬に与えてはいけない食べ物・肉、魚系

犬に与えてはいけない食べ物の中から肉と魚系を中心に記載致します。

 

現代の犬は、オオカミなどと違い肉食ではなく雑食です。
人間の栄養バランスに比べて犬にはたんぱく質が必要です。
そのため、たんぱく質をとれるお肉をあげると良いかもしれません

 

肉と骨
犬に肉を与える時には、鶏の骨などの付いた物は絶対に与えないようにして下さい。
骨を飲み込もうとして喉につっかえてしまう可能性もあります。
犬に肉を与える際には当然、焼いた物を与えるようにしましょう。
また、脂質の多いお肉などもあげ過ぎないよう気をつけましょう。

 

運動量と摂取している脂の量が比例していないと肥満になり、内臓疾患にも繋がりかねません。
お肉をあげる時には、脂身の少ない部分を与えるようにして下さい。

 

与えないようにしたい肉は、生肉、脂肪分の多い部位、骨のついたものとなります。
骨のカルシウムを与えたい場合は、ミキサーなどで細かく砕き粉末などにしてご飯に混ぜるようにしましょう。

 

与えてもいい肉

逆に犬にあげても良い肉には、鶏肉ムネ、モモ、レバー、ササミ、砂肝があります。
豚肉では、脂の少ない部位。豚レバーです。牛肉は、脂の少ない部位となります。
また、市販されている缶詰などは与えても問題ありません。

 

ただし、肉のあげ過ぎにも注意して下さい。
脂肪過多になったり、たんぱく質やリンを多く摂り過ぎるとカルシウムを壊してしまい、腎臓機能の低下に繋がりかねません。

 

 

 

魚の骨
犬に与えないようにしたい魚には、サバアジイワシなどの青魚があります。
アレルギーを引き起こす可能性もあるので、焼いてある魚でも注意して下さい。

 

また、魚の骨なども与えないように気をつけて下さい。
骨が喉に刺さってしまうこともあります。犬はよく噛まずに飲み込んでしまうこともあるので、魚の骨には注意して下さい。

 

以上のことから、魚を犬に与える時には焼いた物をすり潰してあげるなどして下さい。
白身魚や煮干などがおすすめです。

 

肉と魚問わず与えないようにして頂きたいのが、生モノです。
刺身やしっかり焼かれていない肉などは与えないようにして下さい。
寄生虫の問題や胃腸障害で下痢を起こす可能性があります。

 

 

いかがでしょうか。
犬に肉や魚系のものを与える際には注意したいことが幾つかあります。
与えてはいけない肉、魚はありますが、しっかり調理してあげれば与えることの出来る物もあるので、注意を払って与えるようにして下さい。