MENU

個人差のある老犬用のドッグフード

年齢を重ねたワンちゃんには、シニア向けのドッグフードを与えていく必要があります。
犬は、人間のように老化が顔に現れにくいものですが、人間よりも確実に早いスピードで寿命を迎えることになるので、しっかり考えておく必要があります。

 

 

老犬用フードが成犬用フードと違うポイントは

人間でも同じですが、犬は老化すると運動量が低下していきます。
成犬の頃のようなカロリーを摂っても、それを消化しきれないために、太ってしまうのです。
また、消化機能も成犬より低下しているので、消化不良を避けられるような、消化に良いフードでなければいけないのです。

 

老犬用のフードの特徴とは、含まれている脂肪量、カロリー量が控えめで、さらに消化吸収しやすい物でなければなりません。

 

老犬は、成犬の頃よりも太りやすくなるので、体重のコントロールはより慎重に行わなければなりませんが、逆に突然痩せだすこともあるので注意しなければなりません。

 

老犬用フードへと切り替える年齢は、7歳前後とされています。

そして現実に「7歳以上用」と明記されたドッグフードは多数販売されていますが、フードを切り替えるタイミングは最終的に自己判断となります。

7歳を迎えたワンちゃんであっても、目に見えて運動量が低下していない場合、老犬用のフードへ切り替えてしまった途端に体重が大幅に減少する、というトラブルがあります。

 

犬が老いて行くスピードにはかなりの個人差がありますので、個々にあわせたフード選びが一つのポイントです。
心臓病などがある場合にはそれをサポートしてくれる商品を選んだり、手作りのものを混ぜたりするのもいいでしょう。

 

特に老化しているようにみえない場合は、成犬用のフードの量を減らすことでコントロールする方法もあります。

 

 

また、老犬はさまざまな理由で食事が困難になるケースがあります。

毎日食べていたドライフードを、突然食べなくなったり、頻繁に残すようになった場合には、その原因を突き止めなければなりません。消化機能は低下しているため、単純に食欲が低下している、ということが一つ考えられます。
低脂肪、低カロリーというのは第一条件ですが、良質なタンパク質にこだわったシニア向けのフードに切り替えることで、食欲の回復とともに老犬の健康にも役立つでしょう。

 

もう一つの理由は、咀嚼能力が低下したことでドライフードを食べにくくなっているケースです。
その場合は、ドライフードをお湯でふやかした物を与えることで解決できます。
また、食事のために頭を下げるのは老犬にとって負担になっている事も考えられるので、ちょうどよい高さの台へお皿を乗せてあげると食べやすくなります。

 

老犬はほんの少しの工夫で食事の楽しみを取り戻せる場合がありますので、愛犬をじっくり観察してみましょう。

老犬向けドッグフードランキング

 

「ブッチ」ドッグフード


ヒューマングレードの原材料をたっぷり使い、高タンパク質・低脂肪の肉食動物に最適なドッグフード。

 

人工的な調味料・香料・着色料・保存料などは一切使用しておらず、アレルギーの原因となる小麦粉などを使用しないグルテンフリーとなっています。

 

最大の特徴はドライフードではなく、喰いつきやすいウエットフードになっていること!本格的なウェットフードであるにも関わらずコスパが良いも魅力です。

 

 

トライアルセットで3種類の味が試せるのも大きなメリット。

 

「栄養素」「安全性」「喰いつき」「価格」のすべての面において最高レベルの品質を持ったイチオシのドッグフードです。

 

 

モグワンドッグフード


手作りレシピを再現した最高品質のプレミアムドッグフードである「モグワン」

 

グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

 

主原料は「チキン」と「サーモン」でヘルシーな作り。両方とも人が食べられる品質のものが使用されています。

 

これだけの高品質であるにも関わらず価格はプレミアムドッグフードの中では安く、コスパも抜群に良いです。

 

 

いぬはぐ


最大の特徴は乳酸菌やオリゴ糖が配合されていて、腸内の環境を根本から改善する機能が備わっているということです。

 

もちろん原材料の品質も高く、主原料はヒューマングレードの鶏肉を使用するなど非常に高品質。

 

そのほかにもグルコサミンやコンドロイチンなど、骨に優しい成分も配合しています。

 

プラスαの効果がうれしい、超高品質のドッグフードに仕上がっています。

 

 

カナガンドッグフード


モグワンと並んで人気のあるのが「カナガン」ドッグフードです。

 

カナガンもモグワンと同じく、グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

 

カナガンの主原料は「チキン」単体なのでカロリーは高めになっています。

 

タンパク質が十分に摂取できるので運動をしっかりしているワンちゃんにはとてもオススメのドッグフードです。

 

 

アランズナチュラルドッグフード


アランズナチュラルドッグフードの特徴は「ラム肉」が主原料であることです。

 

チキンはアレルギーを発症する確率が低いのですが、アレルギーを発症してしまったワンちゃんにとっては嬉しい商品ですね。

 

ヒューマングレード&人工添加物不使用ですが、グレインフリーではありません。

 

ただし、使用している穀類は玄米や全粒オーツ麦など犬の消化にも良いものなので安全性は高いです。

 

比較的タンパク質やカロリーが少なめなので、運動量の多いワンちゃんには不向きになっています。