オーガニック認定機関をクリアした安全で評判のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

名乗ることが難しいオーガニックドッグフード

私たち人間の中では、近年の健康志向の高まりからオーガニックが注目されています。
体には本来不要となる食品添加物や着色料、香料や保存料などの含まれていない食品を中心とした生活へ切り替えようとする方が増えているのですが、それをペットフードにも反映させたいという方は少なくありません。

 

オーガニックドッグフードにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

オーガニックドッグフードの定義について

オーガニックフードとは、農薬や化学肥料を使用せずに有機的な方だけで栽培された材料のみを使ったフードのことであり、そのような考えの元につくられたドッグフードが存在します。
農場での肥料は過去三年にわたって不使用であることや、遺伝子組み換えの原料も使用されていてはいけないなど、非常に厳しい審査をクリアしなければ、オーガニックドッグフードを名乗ることはできないのです。

 

日本国内には有機JAS認証機関がありますが、これと同等かそれ以上の厳しい審査基準をもつ認定機関が各国に存在しており、それらの認定を受けているかどうかが、オーガニックドッグフード選びのポイントとなります。

 

オーガニックドッグフードを選ぶ場合は、国産よりも外国産のものを中心に選ぶべきかもしれません。
なぜならオーガニックドッグフードを作るためには高額な生産コストが発生するため、日本国内で製造に踏み切るメーカーが少ない、という側面があります。海外の方が本格的に取り組まれているので、評判や口コミもよくおすすめです。

 

日本のオーガニック審査機関は、世界レベルでは遅れて制定されていることもあり、海外のオーガニック審査機関をクリアしたドッグフードの方がずっと質が高いのです。

 

ただしその分コストも高額となり、1キロあたり800円が最低ラインとなっています。

 

毎日食べ続けるドッグフードとなるため、コスト面もしっかり考えて、高すぎない物を選ぶことが大切です。

 

中には手作りのオーガニックフードを与えているケースもありますが、これを行う場合は注意が必要です。
手作りにこだわるあまり栄養不足に陥り、体調を崩している事珍しくないのです。
相談された獣医師も、飼い主のフードの与え方について言及するのは心苦しくもありますので、十分な栄養素が備わっているかどうかオーガニックよりも優先して考えるべきでしょう。

 

ちなみにオーガニックだから無添加というわけではありませんので注意しましょう。

 

 

オーガニックドッグフードランキング

 

 
ヤラー

ヤラーの特徴

厳しい審査をクリアした100%オーガニック素材を使用。人間の食べ物よりも良質かも?!この商品に関しては穀物が含まれていますが、グレインフリー商品もあるようです。


価格 1,501円(税込)
内容量 0.6kg
おすすめ度 評価3

 
ソルビダ

ソルビダの特徴

厳しい基準をクリアし、オーガニックと認定された素材を贅沢に使用して作られたドッグフードです。オーガニック飼料100%で家畜も育てているという徹底ぶりです。この商品は室内犬におすすめです。


価格 3,780円(税込)
内容量 1.8kg
おすすめ度 評価5