犬に与えてはいけない食べ物『その他』~NG食べ物を危険度順にご紹介!

犬に与えてはいけない食べ物・その他

犬に与えてはいけない食べ物が幾つかあります。犬の体は人間の体と仕組みが違うため、人間が食べられるものでも与えてはいけない食材があります。

肉類や魚、果物は他の記事にまとめているので、肉類や魚、果物以外の食べ物をご紹介します。

関連記事:犬に与えてはいけない食べ物『肉・魚系編』~犬にとってNGな肉・魚類
関連記事:犬に与えてはいけない食べ物『果物編』~犬が食べると危険な果物リスト

犬に与えてはいけない食べ物を危険度順に記載します。


まず、たまねぎ、ねぎ類、ニラ、ラッキョウなどは絶対に与えないようにして下さい。中枢神経系に影響したり心臓に影響することもあり、生死に関わることもあります。

チョコレートも犬にとっては危険な食べ物なので与えないようにして下さい。チョコレートもカカオに含まれている成分が、犬の中枢神経系や心臓に影響を与えます。心不全などの原因にもなります。

チョコをそのまま犬にあげる人はそういないと思いますが、菓子パンなどの少しチョコの成分が付いているだけのものなども与えないようにして下さい。
ココアも同じです。

 

にんにく
次に、にんにくコンソメなども与えないようにして下さい。
にんにくの入ったラーメンの汁や成分の入った食べ物の残り物なども含まれます。
コンソメは、コンソメを利用したスープの残りや料理の残り物も含まれます。

 

 

 

 

 

危険度中だけど胃腸障害などでよくないものとして他にも、
マカデミアナッツ、スルメ、ガーリックパウダーや硬い骨などがあります。

 

危険度は低いですが単純に消化に良くないものも避けたほうが良いものとして、とうもろこしやピーナツ、ナッツ類、レバーなどがあります。

 

これらの食材は、直接与えるのはもちろん、その成分が染み込んだご飯やパン、麺類なども与えないようにして下さい。
成分が問題なので、例えば、たまねぎとにんにくの成分がしっかり染み込んだ牛丼の食べ残しなどでも同じことと言えます。

 

 

いかがでしょうか。
飼い主さんに犬に与えないよう注意して頂きたい食材を紹介致しました。犬に与えてはいけない食材は結構たくさんあります。
また、これらの食材は犬だけでなく猫にもあげないようにして下さい。
犬と猫の与えてはいけない食べ物は、ほぼ共通です。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

知っておきたい知識
adminをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント