「PIYO」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回はオーガニック99%のドッグフードとして知られているPIYOのラインナップから、成犬用「メンテナンス」について着目!

オーガニックに強くこだわり、化学的な肥料や農薬を一切使用していない原料が厳選されていることが何よりの特徴であるPIYOですが、果たしてどういった原材料が使用されているのでしょうか?

また、メリットやデメリット、価格帯や口コミ情報などもまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

「PIYO」ドッグフードの基本情報

PIYO【成犬用:メンテナンス】

価格と内容量 [公式サイト 参照]1袋500g 2,499円(税込)
生産国 日本
使用している肉の種類 〇鶏肉(鶏肉ミンチ・肝臓・心臓・砂肝)
穀類の使用 ×(全粒小麦、とうもろこし)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(ローズマリー抽出物)
総合評価

「PIYO」の配合成分や原材料について

PIYO【成犬用:メンテナンス】

鶏肉(鶏肉ミンチ・肝臓・心臓・砂肝)、全粒小麦とうもろこし、ひまわりの種、ローズマリー抽出物

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 19.7%以上
粗脂肪分 5.1%以上
粗繊維 2%以下
粗灰分 2%以下
水分 6%以下

このように、PIYOに使用されている原材料は非常にシンプルな内容となっていて、大きく分けて4種類の原料しか使用されていないことがわかります。

第一原料には高たんぱくで低脂質という栄養バランスの良さが特徴の「鶏肉」が使用されていて、好感が持てます。

ただし、全粒小麦やトウモロコシといった穀物の使用もあり、穀物の消化がうまくできないワンちゃんには少々不向きは原料を使用していることも明らかです。

その他、健康被害が懸念される人口添加物の使用などは一切なく、低品質が予想される動物性油脂やミール系の使用もないですし、保存料や人工的な防止剤の使用などがないことから、ワンちゃんの健康に配慮した部分も数多くあることがわかります。

「PIYO」のメリットとデメリットについて

メリット

原料の99%がオーガニックであること

PIYOに使用されている原材料は99%がオーガニックということで、有機原材料に徹底しています。

特に評価したいのが、PIYOで使用されている鶏肉へのこだわりです。

なんとPIYOで使用される鶏の肥料さえもJAS認定を受けた有機農産物だそうで、安全性の高さがいかに優れているかがよくわかります。

その他に使用されている原料ももちろんオーガニックなので、残留農薬による被害の心配もなく、農薬不使用で育った作物はその素材の味がより濃いものとなり、農薬を使用した際よりも美味しく仕上がるのだとか。

※ちなみに、PIYOがオーガニック100%ではなく99%と記載されている理由は、天然の酸化防止剤として使用されている「ローズマリー抽出物」がオーガニックではないからです。

デメリット

総合栄養食ではないため、主食として与えるには不十分

原材料のほぼ全てがオーガニックであることがメリットのPIYOですが、実は犬に必要な栄養バランスが整った「総合栄養食」ではありません

主食として愛犬に与えるにはやや不十分なドッグフードですので、脂質やビタミン、ミネラルなど、ワンちゃんの健康維持に必要な栄養素を他のドッグフードやサプリメント等で補う必要性があり、中には使い勝手が悪いと感じる方もいるようです。

価格がとても高い

PIYOの公式サイトによると、PIYOの販売価格は500gで2,499円という高額な価格であることがわかります。

総合栄養食でない以上、他のドッグフードと混ぜて与えることが予想されますが、例えそうだったとしても小型犬で月に1kg程度、大型犬ともなると5kg程度は消費することになるでしょうから、月々の出費が恐ろしいですね・・・。

また、PIYOはオーガニックという点以外においてはあまりメリット性のないドッグフードとも言えるので、正直オーガニックというだけでここまで高額な金額設定だと首を傾げる方も多いのではないでしょうか。

たんぱく質量や脂質が少ない

ワンちゃんには高たんぱくで低脂質な栄養バランスが理想とされていて、鶏肉には本来その要素が詰まっているはずなのですが、PIYOのタンパク質含有量は19.7%とそこまで高くない数値であることがわかります。

鶏肉だけで19.7%という数値が出ているのであればあまり問題はないのですが、PIYOには小麦やトウモロコシなどの穀物も使用されていますから、植物性動物性との合計数値で19.7%という数値が出ているにすぎず、ワンちゃんに必要な動物性たんぱく質の含有量にはあまり期待がもてないことが予想されます。

また、低脂肪であることは理想的なのですが、脂肪分が5.1%と極端に少ないことも気になります。

ワンちゃんの皮膚や被毛を健康的に維持するためには程よい脂質が必要なので、やはりPIYOだけでは日々の栄養バランスが不足してしまうとみて間違いなさそうです。

犬のアレルギーに考慮がされていない

ワンちゃんにとって穀物はアレルギーが出やすい原料でもあり、特に小麦やトウモロコシはアレルギー性が高いと言われています。

PIYOには小麦、トウモロコシのどちらも使用されてしまっているため、穀物アレルギーのワンちゃんには与えることができないフードです。

同時に、アレルギーに敏感なワンちゃんへの使用にも十分に注意する必要がありますので、もしもPIYOを与える場合には少量から始めるようにしましょう。

「PIYO」の口コミ・体験談まとめ

PIYOに関する口コミを隈なく調査してみたのですが、現在PIYOは販売停止中のドッグフードとなっているようで、amazonや楽天市場、yahoo!ショッピングなどの通販サイトにも取り扱いがすでになく、口コミ情報もまったく残っていないことが明らかとなりました。

「PIYO」の総評

いかがでしたでしょうか?

PIYOは原材料の飼育方法から栽培方法にとことんこだわりをもったドッグフードで、危険性のある人口添加物の使用もないことから、安全性の高いドッグフードであることがわかりました。

穀物を使用しているため、アレルギーや消化の面においては不安が残りますが、それを除けば比較的優秀なドッグフードであると言えるでしょう。

ただし現在は販売が中止されていることと、販売が再開されたとしても価格がかなり高いため、コスパが悪いと感じてしまう方も多いかもしれません。

オーガニックに関心のある方にとってはとても魅力あるドッグフードかと思いますので、販売再開がされることがあれば、今後是非チェックしてみてくださいね。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント