プレミアムドッグフードのおすすめ商品を比較検証!他の商品との違いとは?

ドッグフードを選ぶ時に愛犬にはいいものを与えたいというのが飼い主さんの思いだと思います。

しかし近年ペットブームという事もあってドッグフードの様々な情報が交錯しており、どのフードが安全なのかよく分からなくなっています。

その中で「プレミアムフード」や「国産」「グレインフリー」などという言葉をよく目にします。

ここではプレミアムフードについてご紹介します。

プレミアムドッグフードの特徴

「プレミアムドッグフード」とは簡単に言うと安全性や栄養価が高く、動物タンパク質を豊富に含むフードのことです。

畜肉副産物や鶏肉副産物などを含まないヒューマングレードで、穀物を含まないグレインフリーであり、保存料や酸化防止剤など添加物が使用されていません。

そして、一般的なフードよりも3倍ほど価格が高くなっています。

スーパーで売っている、ワンコインでも買えるようなドッグフードは基本的に犬専用となっており、人間が食べることは危険です。

それは何故かというと、畜肉副産物や鶏肉副産物などが含まれているからです。

みなさんは【畜肉4D】という言葉をご存知でしょうか?

Dead…死亡した動物の肉
Dying…死亡しかけていた動物の肉
Disabled…負傷、不具など身体の不自由な動物の肉
Diseased…病気である動物の肉

「4Dミート」とは上記の特徴を持った、畜肉副産物・鶏肉副産物とは上記のようなものを含む可能性のある肉の事です。

安全に食べれる肉は人間の食卓に。人間が食べられないような肉はドッグフードに。このように人間が食べられないような肉を使ったドッグフードを大切な愛犬に与え続けてもよいものなのでしょうか。

プレミアムドッグフードと一般的なドッグフードの比較

一般的にこのような粗悪なドッグフードは1kg100円~ほどの価格で売られています。それに対し、プレミアムドッグフードは1kg・2,000円以上するようなものがほとんどです。

少し高いな…と思う人もいるかもしれませんが、人間の食べる肉でも最低100g100円ほどはしますので、安全なものを食べさせたいと思うのであればこれくらいは妥当ではないでしょうか?

また、安価で質の悪いドッグフードには添加物(防腐剤、着色料、香味料)などが含まれていることが多いです。

長期間保存出来るようなドッグフードには、そんな状態に耐えれるだけの防腐剤が使われているのです。

それに対し、プレミアムドッグフードは有害な成分をほとんど使用せず作られています。

その分保存期間も短くなっています。ですので、開封後は早めに食べきる事をおすすめします。

市販のペットフード プレミアムドッグフード
使用される肉 畜肉4Dを使用 ※上記参照 人間が食べれる様な良質の肉(ヒューマングレード)
穀物 トウモロコシや小麦などを使用 不使用(グレインフリー)またはグルテンフリー
添加物 防腐剤や着色料などを使用 不使用、またはほぼなし
保存期間 長い 短い
価格 主に1kg・1,000円程度 主に1kg・3,000円程度

このように、上記の条件を満たしたフードだけがプレミアムフードと呼ばれるのです。

プレミアムドッグフードを与えるようになってアレルギーや涙やけが改善したというメリットもあります。

愛犬にいつまでも健康で長生きしてほしい…と思うのであれば多少高価であってもプレミアムドッグフードをおすすめします。

プレミアムドッグフードのメリットとは?

メリット①高い安全性

プレミアムドッグフードは安全性に優れたドッグフードであると言われていますが、その理由となるポイントはこちら。

①主原料がたんぱく質であること

一般的なドッグフードの多くは主原料に「穀物」を使用しています。特にトウモロコシや小麦は安価で手に入ることから、コストを抑えたドッグフードに多用されることが多く、市販ドッグフードの定番主原料とも言えます。

ただし、この「穀物」というのはワンちゃんのカラダに負担をかけてしまう原料。消化吸収が悪く、腸内に負荷をかけてしまうものなのです。

プレミアムドッグフードの場合、主原料にはお肉(鶏肉・牛肉・馬肉・魚肉など)といった「高たんぱく」な原料が使用されていて、穀物不使用(グレインフリー)といったものが多く存在します。

※ただし、たんぱく質(お肉)がメインとされているドッグフードであったとしても、チキンミールや鶏副産物などが使用されたドッグフードには要注意。

これらの原料は新鮮味とは程遠く、破棄される寸前の状態の鶏肉が使用されています。

②添加物や防止剤などが使用されていない

プレミアムドッグフードには、消化の困難な添加物や防止剤などが一切使用されていないことがほとんどです。

添加物や防止剤などは基本的に科カラダの中で消化されないため、摂取を続けるごとに体内に蓄積されていきます。

この蓄積された添加物や防止剤は体内で「毒素」として形を変え、涙やけやうんちの緩み、消化不良といった、ワンちゃんのカラダに様々な健康トラブルを招きます。

③原材料がすべてヒューマングレード

プレミアムドッグフードに配合されている原材料は、私たち人間でも安心して食べることができるようなヒューマングレードを使用したものであることが多く、新鮮な自然食材をふんだんに使用しています。

プレミアムドッグフードはこうした安全性の高さが確保されているため、ワンちゃんのカラダを健康に保つことができるだけでなく、与える飼い主さん側からの信頼性も確かなものとなっています。

メリット②栄養の高さ

プレミアムドッグフードの利点はなんといっても高栄養であること!

ワンちゃんの健康維持にはたんぱく質・炭水化物・ビタミン群やミネラル等をバランスよく摂取することが必須と言われていますが、一般的なドッグフードはこれらの栄養バランスがあまり良くありません。

対してプレミアムドッグフードはこれらの必須栄養素のバランスが非常に良い状態で配合されているほか、その他にも以下のようなワンちゃんの健康維持に最適な栄養素が多く配合されていることが特徴的です。

▼プレミアムドッグフードの主な栄養素▼

  • タンパク質(新鮮生肉から抽出)
  • 炭水化物
  • ビタミン群
  • ミネラル
  • 必須アミノ酸
  • グルコサミン、コンドロイチン
  • 免疫アップ効果のある抗酸化作用を持った成分
  • ビール酵母
  • 乳酸菌(生きた乳酸菌であることがほとんど)

メリット③アレルギー対策

アレルギーを持ったワンちゃんやアレルギーが出やすいワンちゃんにとって、ドッグフード選びは慎重になる必要性がありますね。

特に穀物などが配合されているドッグフードはアレルギー反応が出やすく、敏感なワンちゃんにはあまりおすすめできるものではありません。

プレミアムドッグフードの利点はグレインフリー(穀物不使用)といったところにもありますから、アレルギーが気になるワンちゃんにも安心して与えることができるドッグフードです。

また、各栄養素の配合バランスが悪いドッグフードの摂取もアレルギーの原因になると言われていますので、それに対して栄養バランスの整ったプレミアムドッグフードはアレルギー対策に長けていると言えます。

メリット④コスパの良さ

プレミアムドッグフードは高品質=高いというイメージが持たれることから、コスパが悪いという印象がつきがちです。

たしかに、いくら栄養価が高く安全性に優れているからといって、コスパが悪ければ継続してドッグフードを使い続けることはできませんよね。

では、やはり一般的なドッグフードに比べてプレミアムドッグフードはコスパに優れていないのでしょうか?

▼低価格で安全性の低いドッグフード▼

  • 使いはじめは良いが、体調不良が起こりやすい
  • 思わぬ健康トラブルにより病院代がかさむ
  • サプリメントや他食材から足りない栄養素を摂取する必要がある
  • 栄養価が低いため、1日に与える量が多くなる

▼プレミアムドッグフード▼

  • 決して高額な価格ではない
  • 栄養価が高いため、1日に与える量が従来のものより少なく済む
  • ドッグフードひとつで健康管理ができる
  • 健康維持ができるため、健康トラブルによる思わぬ出費が少なくなる

このように比較してみると、トータル的なことを踏まえ、本当にコスパに優れたドッグフードはプレミアムドッグフードであると言えるかと思います。

「本当のコスパの良さ」とは、低価格で安全性の低いドッグフードを使い続けることでは決してありません。

また、最近では様々な企業からプレミアムドッグフードが開発・販売されるようになってきているため、価格競争が頻繁に起こっています。そのため、どの商品もそれほど高額ではなくなってきていることが現状。

関連記事:ドッグフードをコスパで選ぶ | 価格が安い商品のその品質は?

加えて、高品質なドッグフードを継続して愛用することができるよう、定期便での割引サービスなどが充実したドッグフードが多く見受けられます。

お試し価格や返金保証など、始めやすさにもこだわったプレミアムドッグフードが急増しています。当サイトでご紹介している商品を比較しランキングにしたので是非参考にしてみて下さい。

総合ドッグフードランキング

1位 ブッチドッグフード

ヒューマングレードの原材料をたっぷり使い、高タンパク質・低脂肪の肉食動物に最適なドッグフード。

人工的な調味料・香料・着色料・保存料などは一切使用しておらず、アレルギーの原因となる小麦粉などを使用しないグルテンフリーとなっています。

最大の特徴はドライフードではなく、喰いつきやすいウエットフードになっていること!本格的なウェットフードであるにも関わらずコスパが良いも魅力です。

トライアルセットで3種類の味が試せるのも大きなメリット。

「栄養素」「安全性」「喰いつき」「価格」のすべての面において最高レベルの品質を持ったイチオシのドッグフードです。

2位 モグワンドッグフード

手作りレシピを再現した最高品質のプレミアムドッグフードである「モグワン」

グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

主原料は「チキン」と「サーモン」でヘルシーな作り。両方とも人が食べられる品質のものが使用されています。

これだけの高品質であるにも関わらず価格はプレミアムドッグフードの中では安く、コスパも抜群に良いです。

3位 いぬはぐ

最大の特徴は乳酸菌やオリゴ糖が配合されていて、腸内の環境を根本から改善する機能が備わっているということです。

もちろん原材料の品質も高く、主原料はヒューマングレードの鶏肉を使用するなど非常に高品質。

そのほかにもグルコサミンやコンドロイチンなど、骨に優しい成分も配合しています。

プラスαの効果がうれしい、超高品質のドッグフードに仕上がっています。

4位 カナガンドッグフード

モグワンと並んで人気のあるのが「カナガン」ドッグフードです。

カナガンもモグワンと同じく、グレインフリー&人工添加物不使用&ヒューマングレードの非の打ちどころがない最高のドッグフードです。

カナガンの主原料は「チキン」単体なのでカロリーは高めになっています。

タンパク質が十分に摂取できるので運動をしっかりしているワンちゃんにはとてもオススメのドッグフードです。

5位 アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードの特徴は「ラム肉」が主原料であることです。

チキンはアレルギーを発症する確率が低いのですが、アレルギーを発症してしまったワンちゃんにとっては嬉しい商品ですね。

ヒューマングレード&人工添加物不使用ですが、グレインフリーではありません。

ただし、使用している穀類は玄米や全粒オーツ麦など犬の消化にも良いものなので安全性は高いです。

比較的タンパク質やカロリーが少なめなので、運動量の多いワンちゃんには不向きになっています。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

目的別に選ぶ
adminをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント