「リガロ」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

ワンちゃんのカラダに必要な栄養素は数多くありますが、その中でも特にたんぱく質はワンちゃんのカラダを健康的に維持するために欠かせない必須栄養素のひとつです。

最近では高たんぱくかつ安全性も高いドッグフードが多く見かけられるようになり、ワンちゃんの健康を食事でサポートできるようになってきました。

そこで今回は、良質なドッグフードの中でも特に高たんぱくなドッグフード「リガロ」についてご紹介!

グレインフリー×ハイプロテインと称されているリガロですが、一体どういった原材料を使用しているのでしょうか?また、その安全性は?

ほかにも購入価格や口コミ情報などを詳しくまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

「リガロ」ドッグフードの基本情報

リガロ【グレインフリー・ラム】

価格と内容量 [Amazon参照]1袋1.8kg 4,000円(税込)
生産国 アメリカ
使用している肉の種類 〇ラム生肉
穀類の使用 〇なし
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(ミックストコフェロール)
総合評価

「リガロ」の配合成分や原材料について

ラム生肉、乾燥サーモン、エンドウマメプロテイン、乾燥ラム、乾燥エンドウマメ、赤レンズマメ、乾燥ヒヨコマメ、乾燥ジャガイモ、天然フレーバー、ヒマワリ油、 乾燥トマト繊維、乾燥サツマイモ、乾燥ビール酵母、挽き割りフラックスシード、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、タウリン、乳酸、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、 ユッカフォーム抽出物、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、 ビタミン類(塩化コリン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、 リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸)、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、糸状菌、枯草菌) ミックストコフェロールで保存

成分 含有量
粗たんぱく質 37%以上
粗脂肪分 14%以上
粗繊維 5.5%以下
粗灰分 8.5%以下
水分 10%以下

原材料をみてみると、犬が消化不良を起こしやすい小麦やトウモロコシの使用などもなく、穀物そのものが使用されていないことがわかります。

リガロはグレインフリーにも力を入れているドッグフードで、ワンちゃんの消化不良やアレルギー反応のことなどを考慮し、穀物を一切使用していません。

また、今回ご紹介しているリガロのラム肉はたんぱく質量もかなり高く、それでいて低脂肪なので、多くのワンちゃんの健康維持に向いた配合成分内容になっています。

「リガロ」のメリットとデメリットについて

メリット

グレインフリーだから、穀物アレルギーにも対応

リガロは穀物を一切不使用とした「グレインフリードッグフード」ですので、穀物にアレルギーをもつワンちゃんでも安心して食べることができます。

また、穀物はワンちゃんにとって消化のしにくい原料ですので、ドッグフードに配合されていることは本来好ましくないものなのですが、リガロならそうした原料が一切入っていませんので、腸に負担をかけることもなく、消化不良をおこす心配もありません。

高たんぱく・高栄養で健康維持に長けている

リガロのタンパク質含有量は驚きの37%以上です。

これは一般的なドッグフードに含まれているたんぱく質量をはるかに上回る数値で、ハイプロテインと称されているのも納得がいきます。

特に運動量などにより多くの筋肉を日々動かすワンちゃんにとっては、たんぱく質の摂取はより積極的におこなう必要性があるので、リガロはかなり重宝するかと思います。

もちろん、運動をするしないに関係なく、たんぱく質はワンちゃんのカラダのあらゆる機能を正常に、そして強化してくれる大切な栄養素ですから、高たんぱく摂取は多くのワンちゃんにおすすめです。

多くの栄養素の配合により、健康対策ができる

リガロのラム肉には必須アミノ酸が豊富に配合されています。

体内でも作られる非必須アミノ酸と違い、必須アミノ酸はカラダの中ではつくられることのない成分なので、ラム肉や牛肉から摂取していく必要があります。

ラム肉には免疫力をあげてくれる効果をはじめ、動脈硬化予防や悪玉コレステロールの減少など、ワンちゃんの健康状態を良い方向へと改善してくれる効果が多く望めます。

その他、ラム肉にはL-カルニチンといって脂肪燃焼効果を持つ成分が含まれているため、ワンちゃんのダイエットにも効果を発揮してくれる優れものなのです。

ほかにもビタミンやミネラル、ビール酵母、乳酸菌など、犬の健康に欠かせない栄養素があますところなく配合されています。

60gからお試しができる!

いきなりリガロを購入することに抵抗がある方も、リガロ公式サイトのお試しを利用することで、わずか60gからリガロを試してみることができます。

いきなり何千円単位の金銭を払うのには抵抗がありますが、リガロのお試しは100円もかかりません。「無料」なんです。

申し込みをすれば10日ほどで指定先にリガロのお試しパックが届くので、気になる方は利用してみるとよいですよ!

デメリット

高品質であることに比例して、金額も高い

グレインフリーという時点で、ドッグフードの価格は一般的なものよりも高くなる傾向があります。

というのも、穀物は原料自体が安価であることがほとんどですので、ドッグフードのかさましをするには最適な材料なのです。(ただし、消化不良やアレルギーなどの健康被害のリスクも上がります)

それらを一切使用せず、リガロのように動物性たんぱく質を優先的に使用し、良質なドッグフードを完成させるとなると、当然コストは高くなります。

900g2,200円とそれなりにお値段の張るリガロですが、容量が大きくなっていくごとにお得になっていく仕組みのようです。

仮に5.8kgの場合は11,000円となりますので、割って計算するとかなりお得になりますね。

腎臓の弱いワンちゃんには使用できない

高たんぱく」であるということは、多くのワンちゃんの健康を良好にサポートしてくれると同時に、腎臓に負担をかけてしまうこともあります

特に腎臓に病気を持っているワンちゃんにとって、高たんぱくな食事は厳禁です。

リガロを与える際には、あくまでも健康なワンちゃん及び、たんぱく質の摂取について医師から注意を受けていないワンちゃんに限定して与えるようにしましょう。

「リガロ」の口コミ・体験談まとめ

「リガロ」の良い口コミ

とにかくたんぱく質の量が気に入っています。価格も他の高たんぱくドッグフードに比べると、高く感じません。

食いつきもよく、健康状態もキープできています。

食いつきよし、便の状態よし。運動能力もますます上がった気がします。

「リガロ」の悪い口コミ

栄養価が高いのでリピートしたいのですが、もう少し安ければもっと続けやすいです。

こちらに切り替えたところ、便がかなり緩くなってしまいました。

便の緩みが気になります。たんぱく質量が多いせいなのでしょうか?

口コミまとめ

このように、良い口コミでは健康維持ができる点や、高たんぱくな内容が評価されている様子。

それに対して、リガロに切り替えてから便の不調を感じている方も多いようです。

たんぱく質量が多くなることと便の緩みはイコールではありませんが、ドッグフードを切り替える際には一度に切り替えをおこなってしまうと便が緩くなることがあります。

リガロに移行する場合は、今まで与えていたドッグフードに少量ずつ混ぜて、愛犬の様子を観察しながら徐々に分量を増やすようにしましょう。

「リガロ」の総評

いかがでしたでしょうか?リガロは高たんぱくであるうえに低脂質、そして何よりアミノ酸やビタミンなどのバランスも十分に摂れた、高品質なドッグフードであることがわかりました。

気になる方はまずは愛犬の反応も気になることかと思いますので、無料お試しから始めてみることをおすすめします。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント