アレルギーを考えるなら、高タンパクで低カロリー、無添加のラム肉ドッグフードをおすすめします。

アレルギー対策におすすめのラム(羊)肉

ドッグフードの原料として使われるものはさまざまですが、ラム(羊)肉をおすすめしている愛犬家やブリーダーは少なくありません。
肉といってもいろいろありますが、ラム肉はどのような点で優れているのでしょうか?
ラム肉が使われる理由や、その栄養価について詳しく見てみましょう。

 

 

ラム肉がドッグフードに適しているのはなぜ?

ラム肉は日本国内ではそれほど流通しておらず、私たちはあまり食べる機会はありませんが、元々は肉食動物であるワンちゃんにとっては最適な食材だといえます。
肉食であるワンちゃんにとっては、米やトウモロコシなどの穀物中心のフードは消化が苦手で、消化器官を痛めやすいのです。
その点から見ても、ラム肉は理想的な食材ですが、特筆すべきはその栄養素です。

 

ラム肉には良質なタンパク質が豊富に含まれており、高タンパクな食品です。
その一方で低カロリーであるため、肥満の気になるワンちゃんにとっては最適なメニューだといえます。

 

最近ではペット可のマンションなども増えてきましたが、室内飼いの犬にとって肥満は大敵です。
特に高齢の犬は運動量が少なく、骨が弱っているために、体重が増えすぎると早い段階で動けなくなってしまう可能性があります。また、加齢により消化能力も落ちていきますので、高齢の犬には特にラム肉が有効なのです。

 

タンパク質以外の栄養素としては、L-カルチニンと呼ばれる栄養が豊富に含まれています。
L-カルチニンとは、近年では人間の世界でも広く注目されている栄養成分であり、脂肪を燃焼させる効果が期待できるとされています。
体内で作られてはいますが、積極的に食べて補給していきたい成分なのです。
コレステロールはワンちゃんにとっても危険な物質ですが、これをコントロールするために有効に働くのがL-カルチニン、ということです。元々低カロリーであることも考えると、理想的なお肉なのがラム肉なのです。

 

また、ドッグフードを選ぶときに気にしたいのは、アレルギー成分です。

どんな食べ物であってもアレルギー物質となる可能性を秘めていますが、
特にアレルギー反応を起こしやすいものは保存料や着色料などの人工添加物であり、それに続いて小麦やトウモロコシなどの穀物となります。
これらがアレルギー物質として報告が多い一方、ラム肉によってアレルギー反応を起こしているワンちゃんはほとんどいません。
アレルギーを考えるなら、無添加のラム肉ドッグフードという選択肢を提案します。

 

 

主原料がラム(羊)のドッグフードランキング

 

 
ナチュラルドッグフード ラム

ナチュラルドッグフード ラムの特徴

商品名になっている通り、ラム肉主原料のドッグフードです。100%無添加で、グレインフリーではありませんが低アレルギーなので、愛犬家の間でも安全・安心だと評判が良く人気の商品となっています。


価格 4,277円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価5

 
ロータス

ロータスの特徴

ラム肉主原料の低アレルギードッグフードです。WDJ(アメリカの有名な雑誌)でも評価されており、こちらも愛犬家の間では人気の商品です。紹介している商品の中ではお値段は少々高め。


価格 2,700円(税込)
内容量 1kg
おすすめ度 評価4

 
ナチュラルハーベスト

ナチュラルハーベストの特徴

ラム肉主原料で低アレルギー、低カロリーの商品です。日本で飼われている犬向けに作られており、運動量の少ない室内犬や、ダイエット犬におすすめのドッグフードです。


価格 2,916円(税込)
内容量 1.59kg
おすすめ度 評価3

 

3位以下のラム肉(羊)主原料のドッグフードはこちら

※おすすめ順です

商品名 価格(税込) 内容量 おすすめ度
アカナ 3,300円 2kg 評価3
ユーカヌバ 2,980円 2.7kg 評価2
アイムス 1,291円 2.6kg 評価1