愛犬が重い病気を患っている場合は、獣医師からの適切な指示を受けることが大切です。

療法食で体調・体質をケア

犬の体調が優れない場合やアレルギー反応が出ている場合には食事メニューを切り替えることも大切です。

 

療法食とは、愛犬の状態や体質に合わせて最適なドッグフードを与えることで体質の改善を狙うもので、獣医師の指示を受けて切り替える場合もありますが、医師でも気がつかない細かい問題には、飼い主であるあなたの判断が重要になります。

 

 

療法食でどのような効果がある?

愛犬の状態にあわせて調整されたドッグフードやその与え方について示しています。

 

アレルギーが出て困っているワンちゃんには、低アレルゲンで構成された療法食が有効です。

特に米やトウモロコシなどの穀物類はアレルギー反応を起こしやすい為どんなワンちゃんでもなるべく避けるべきとされています。

 

足腰や関節が弱っているワンちゃんの場合は、関節を補強するような効果を狙った療法食が有効です。

具体的にはグルコサミンやコンドロイチンなどが効果的ですが、これらをメインとしたドッグフードだけでなく、いつものご飯にふりかけて食べられる物から、サプリメントのような栄養補助食品として販売もされているので手軽に始められます。

 

ワンちゃんのうんちが弛くなっていたり、下痢しやすい場合には消化器官を補助できる療法食が有効です。

療法食は重い病気のワンちゃんに対しても、適切なものが存在しています。

 

腎疾患を患っているワンちゃんには、腎臓にやさしい療法食を選ぶことが大切です。

腎疾患には、タンパク質やリンを制限することが大切なので、これらを少なくしてビタミン郡を補強した療法食があります。

 

免疫機能が低下しているワンちゃんには、自然治癒力を高められる療法食が有効です。

愛犬が重い病気を患っている場合には、獣医師からの適切な指示を受けることが大切であり、時には手作りのドッグフードを与えるケースもあります。

 

ペットフードのやり方には、主に三種類あります

1つ目は総合栄養食であり、普段から与えている食品のことを指します。
2つ目はいわゆる「おやつ」であり、間食だったりしつけのご褒美として与えられているものです。
3つ目これら以外に該当する食べ物の与え方として、
総合栄養食といっしょに与えられるおかず栄養の不足を補助するためのサプリメント一部の療法食
もこれに該当します。

 

普段から食べている総合栄養食とあわせて、病気や体質改善を意識して補助的に与えることもできる食品が多いので、ストレスなくはじめることが療法食のメリットといえます。

 

 

プレミアムドッグフードランキング

 

 
犬心(いぬこころ)

犬心(いぬこころ)の特徴

クッシング症候群や糖尿病、メタボ肥満など高血糖・高脂血が関係する7つの病気などをサポートする特別療法食です。国内製造で無添加フードなのでリピーターも多いようです。


価格 条件付き0円(税込)
内容量 0.2kg
おすすめ度 評価4

 
ロイヤルカナン

ロイヤルカナンの特徴

動物病院などでも療法食としておすすめされるロイヤルカナン。当サイトでご紹介している商品は療法食ではありませんので商品一覧よりお探し下さい。獣医師に相談することをおすすめします。


価格 2,395円(税込)
内容量 2kg
おすすめ度 評価2