犬も虫歯になることがあるの?歯周病を予防する口腔ケアが必要!

犬を飼う人間として愛犬の虫歯について心配になることってありますよね。

犬は人間と違って歯磨きをすることができません。
人間のように霊長類のように道具や歯ブラシを使って歯を磨いたり、ブラッシングしたりすることがないので犬は虫歯だらけでもおかしくないと思ってしまいがちです。

しかし人間の口腔環境と犬の口腔環境は異なるため、必ずしも人間のように虫歯で苦しむということはありません。

それは犬の口腔内というのは弱アルカリ性で、人間のように口腔内が酸性に傾くことで虫歯になることは少ないです。また犬の唾液に糖分が少ないことも虫歯菌を繁殖させない理由となっています。

また犬の歯は犬歯といって一本一本が牙のようにとがっているのでプラークが溜まりにくく、食べカスが歯と歯の間に溜まりにくいことも理由の一つです。

このように犬は人間と違って虫歯になりにくい動物なので、口腔内のケアがまったく必要がないかというとそうではありません。虫歯にならない代わりに犬は歯周病にはなりやすい動物なのです。

それは犬の歯には歯石が溜まりやすいことが理由として挙げられ、人間が歯周病になるよりもずっと早く歯石の影響が出てリスクが高くなります。

したがって愛犬の口腔内のケアは歯周病を予防する意味で歯石に注意してあげることが大切です。やさしく犬の口を開けて歯石が溜まらないようにケアしてあげたり、ガーゼや布でふき取ってあげるといいでしょう。

歯磨きする犬

また獣医や専門の動物病院で口腔ケアをしてくれることもあるのでぜひとも活用したいですね。また愛する犬が歯周病になっていないかをチェックする方法として犬の口臭に注意するのがポイントです。

犬の口臭が明らかに臭かったり、今までと異変があるようなときは歯周病やその他の病気が疑われるのですぐにかかりつけの獣医を受診する必要があります。

コメント