MENU

ドッグフードVS手作りご飯

ペットに市販のドッグフードを与えるべきかそれとも自分で手作りしたご飯を与えるべきか悩む飼い主の方は少なくありません。
特に市販のドッグフードは栄養面や安全面で不安が残るのでは、そう考える方が多いようです。

 

では実際に市販のドッグフードと手作りのご飯ではどちらが優れているのでしょう。

 

 

まず栄養面です。

市販のドッグフードは犬に必要な栄養を考えバランスも取れているので基本的には非常に優れていると考えてかまいません。商品ごとに品質は違うので中にはあまりおすすめできないドッグフードもあるのですが市販のドッグフードすべてがダメというわけではありません。
手作りごはんは作る人(つまり飼い主)の知識が重要になります。
犬に必要な栄養は何か、不足している栄養がないか、これらをしっかり把握したうえで最適なご飯を作ってあげられるなら問題ないのですがただ家にある食材を使って与えるだけでは栄養面では不安が残ります。犬に必要は栄養とはなんなのか、そう聞かれて完璧に応えられる飼い主の方は少ないはずです。

 

手作りご飯を作るために勉強してきた、勉強する、というならいいのですが十分な知識がない状態なら市販のドッグフードを与えてあげた方が栄養面ではバランスが取れるでしょう。

 

では安全面はどうでしょう。

市販のドッグフードの中には添加物が使われている商品もあります。
犬の健康を考えると添加物は避けたいと考える方も多いでしょう。
添加物の有無はドッグフードのパッケージを見て調べることができるのですが、中には表示義務のない添加物もあります。つまり本当は添加物が使われているのにそれがパッケージに書かれていないのです。こうなると私達飼い主からすれば対処のしようがありません。
気付かないうちに愛犬に添加物を食べさせている可能性が出てきます。
手作りご飯の場合、自分で安心・安全な食材を揃えてそれをご飯として与えてあげれば安全性はしっかり確保できます。

 

栄養面ではドッグフード、安全面では手作りご飯の方が優れているといった感じです。

 

 

ドッグフードと手作りご飯はどちらがいい?

市販のドッグフード、手作りご飯にはそれぞれ良い所があります。
そう考えると普段は市販のドッグフードを与え、不足している栄養があると感じた時はそれを補うために手作りご飯をあげるのがベストかもしれません。

 

また、市販のドッグフードでも栄養面に優れ安全面もしっかりクリアされているものはたくさんあるので愛犬に合ったドッグフードを探してあげるようにしましょう。