散歩時間をランダムにすると、習慣化が得意な犬のストレスにならないようにすることが出来ます。

散歩の時間

犬の散歩の時間はどれくらいすると良いのでしょうか。
愛犬家の方でなくても犬を飼っている方は、一日一回は散歩に行かれるのではないかと思います。
一日二回以上行くのが良いのか、散歩時間は長いほど良いのかなど犬の散歩時間についてまとめています。

 

犬の散歩が重要なのは、運動不足の解消やストレスを軽減すること、糞尿などの排泄が主な理由になっています。
単に歩くという意味合いだけでなく、外に出て匂いを嗅いだり他の犬などと顔を合わせるだけで社会性という面でのストレス軽減に繋がります。また、脳の刺激にもなります。

 

犬の散歩の時間

5kg以下の室内犬などの小型犬でおおよそ、15~20分程度となります。
ミニチュアダックスフンドやチワワ、トイプードル、マルチーズなどの犬種となります。

 

10kg前後の中型犬は30分~40分程度散歩してあげると良いかと思います。
柴犬やコーギー、ビーグルなどの犬種があります。

 

10kg以上の大型犬は、50分くらい散歩時間を使ってあげることをおすすめします。
ラブラドールレトリバーやダルメシアンなどの犬種となります。

 

犬の散歩の時間はこうでないといけないということはありませんが、
なるべく犬の大きさと比例して運動量も増やしてあげると良いと思います。

 

時間もなるべく分散して1日2回行ってみたり、散歩時間をランダムにしてみたりして下さい。
決まった時間に散歩をしないことで、習慣化が得意な犬のストレスにならないようにすることが出来ます。

 

犬の散歩

 

また、どうせ犬の散歩を毎日するなら、飼い主さんにとってもメリットがある方が楽しく散歩出来るのではないかと思います。
健康の面で言えば、ウォーキング30分を経過した程度から脂肪が燃焼を始めます。
ダイエットをしたい方や運動不足を解消したい方は30分以上散歩すると良いかもしれません。