「ZENドッグフード」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

高級国産プレミアムフードとして知られているドッグフード「ZEN」。

使用している肉の鮮度や原材料のこだわり、また保存料や着色料といった添加物の不使用など、総合的にみてかなり魅力の高いドッグフードとなっているようですが、果たしてその効果はいかに?

今回はそんな高級国産ドッグフードZENの原材料や効果、口コミ情報から購入価格などを詳しくまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

「ZENドッグフード」ドッグフードの基本情報

ZENドッグフード【グレインフリー・ベニソン】

価格と内容量 [Amazon参照]700g 2,680円(税抜)
生産国 日本
使用している肉の種類 〇鹿生肉(国産)
穀類の使用 〇なし(グレインフリー)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(クエン酸、ローズマリー抽出物)
総合評価

「ZENドッグフード」の配合成分や原材料について

日本鹿肉、あずき、乾燥さつまいも、乾燥じゃがいも、クリル、アルファ化でん粉、エゴマ粉、りんご、ココナッツオイル、魚油、乾燥酵母、黒ゴマ粉、オリゴ糖、ブルーベリー、えのき、カシス、難消化性デキストリン、亜麻仁油、オリーブオイル、乾燥ごぼう、純りんご酢、柑橘果皮粉末、乳酸菌生成抽出物、海藻粉末、ガーリック粉、パセリ、タイム粉、ターメリック粉、緑茶カテキン抽出物、ビタミンP、グレープシード抽出物、フェルラ酸、ミルクペプチド、ショウガ抽出物、カンゾウ抽出物、エンジュ抽出物(ルチン)、マリーゴールド抽出物、有胞子酸乳酸菌、タウリン、焼成カルシウム:魚骨由来、亜鉛酵母、塩、銅酵母、マンガン酵母、ビタミンC、E、B3、B5、B1、B6、B2、A、B9、D、B12、クエン酸、ローズマリー抽出物

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく質 27%以上
粗脂肪分 7.5%以上
粗繊維 5%以下
水分 12%以下

原材料を見てみると、第一原料に鹿肉を使用していることがわかります。それも鮮度の良い国産生肉を使用しているため、この時点で高評価です。

その他、ワンちゃんのカラダに負担のかかる穀物も不使用ですし、脂質の抽出源もココナッツオイルやオリーブオイル、エゴマ油に亜麻仁油など、カラダにとても良いものを使用しているので、この点もかなり評価できます。

また、赤文字表記したガーリック粉についてですが、ガーリックはワンちゃんが貧血や嘔吐などの中毒を引き起こす可能性のある食材です。

ただし、大量摂取しない限りそういった症状の心配はまずないことがわかっていることと、適量であればカラダに有用な食材であることが海外の研究などからわかってきているため、まず心配はないと言えます。

それでもやっぱりなんだか不安・・・」という場合は、使用は控えた方が良いでしょう。

「ZENドッグフード」のメリットとデメリットについて

メリット

原材料の安全性、効能が高い!

ZENドッグフードに使用されている原材料は、ほとんどが国産の食材です。

また、ZENドッグフードの公式サイトを見てみると、原材料に使用されているすべての食材の詳細などが記載されているため、なぜその食材がチョイスされているのか、その食材ひとつひとつの効能などが一目でわかるようになっています

■原材料の詳しい詳細はこちら
http://www.zenpetfoods.com

犬の健康に適した食材がかなり配合されていますので、ワンちゃんの日々の健康維持にも最適です。

製造過程においても低温で調理することにより、品質や成分の質が落ちるといった心配もありません。

品質に一切の妥協をしていないところが、ZENドッグフードの魅力のひとつと言えるでしょう。

高タンパク、低脂質でカラダに良い!

成犬のワンちゃんや大型犬種などは日々の運動量が多い傾向にありますし、すべてのワンちゃんの筋肉や関節、血液循環をより良好なものにするために動物性たんぱく質はとても重要な役割を果たしています。

ZENドッグフードは高たんぱくで低脂質な鹿肉を第一原料に使用しているため、粗たんぱく質量も27%と一般的なドッグフードに比べてかなり高め!

本来肉食であるワンちゃんにとっては最適な栄養バランスと言えます。

グレインフリーだから、消化の面も安心!

ZENドッグフードの魅力のひとつとして欠かせないのが、「グレインフリー」であるという点。

ワンちゃんが消化の面やアレルギーの有無で苦手とされる穀物が不使用なので、アレルギーの心配も大幅にカットされていますし、消化の面のおいても心配される食材が使用されていません。

今までアレルギーに悩んでいたワンちゃんや、消化不良を起こしていたワンちゃんも、ENドッグフードなら安心して主食にすることはできますね。

有害物質を含む添加物をカット!

一般的なドッグフードには人口的につくられた防止剤や発がん性を含む着色料などが使用されていることがありますが、ZENドッグフードにはそうした人口添加物が使用されていません。

ドッグフードの保存料には天然の防止剤であるローズマリーやクエン酸が使用されていますので、犬のとって危険性がありません。

また、添加物はアレルギーを引き起こす原因とも言われていますので、穀物不使用の点にプラスして、ますますアレルギーの危険性がなくなりますね。

デメリット

腎疾患のワンちゃんには使用できない

基本的にどんなワンちゃんにも安心して与えることのできるZENドッグフードですが、たんぱく質が優先的に配合されているため、腎疾患のワンちゃんには使用をおすすめできません

腎臓病のワンちゃんなどはたんぱく質を多く摂取するとカラダにかなりの負担がかかりますので、腎疾患のワンちゃんには逆にたんぱく質量の低いドッグフードをおすすめします。

価格は高いため、続けにくい

原材料などの安全性や効果も高く、高品質が約束されているだけに、ZENドッグフードは購入金額が高い傾向にあります。

小型犬や中型犬までならまだ現実的な金額の範囲内かもしれませんが、これが多頭飼い・大型犬となると、1か月あたりのコストが結構かかってくる計算になります。

700gあたり2,680円・・・。
小型犬でも1か月2~3㎏消費するでしょうから、大型犬ともなるとかなりの金額ですね。

ただし、品質の良さや高たんぱくといった魅力からリピーターも多く、何より高たんぱくで栄養価の高い鹿肉を使用しているドッグフードは数多くないので、大切な家族である愛犬の健康を末永くサポートしていけるとなれば、決して高いとは感じない飼い主さんも多くいることでしょう。

「ZENドッグフード」の口コミ・体験談まとめ

「ZENドッグフード」の良い口コミ

今まで出会ったドッグフードの中で一番気に入っています。

国産でZENドッグフード以外に質の良い商品を見たことがまだありません。

ドッグフードによくあるキツイ臭いがしませんし、愛犬もすごく好んで食べています。

メタボ気味だった愛犬ですが、ZENに切り替えてからカラダがとても締まりました。体重の変化はないので、脂肪が落ちて筋肉量が増えたのでは?と獣医に褒められました。

「ZENドッグフード」の悪い口コミ

すごく良いドッグフードなのですが、ちょっと高くて・・・。でも与えていきたいので、野菜や他ドッグフードと混ぜながら食べさせています。

高くて続けられない。

使用して2~3日の間だけ、便が少々緩くなりました。今は普通です。

口コミまとめ

このように、良い口コミを残している方の多くはZENドッグフードの品質の良さや自然なドッグフードの香り、高たんぱくの点などを評価していることがわかります。

それと同時に、低評価についてはやはり金額の高さからリピートがしにくいとの声が目立ちますね。

また、便が緩くなったとの声もありますが、これについてはZENドッグフードに便を固めるための余分な成分が入っていないためかと思われます。

そして、ドッグフードはいきなり全量を新しいものに切り替えてしまうとお腹が緩くなることが多いので、ZENドッグフードに切り替える際には1週間ほどかけて徐々に総入れ替えするようにしていきましょう。

「ZENドッグフード」の総評

いかがでしたでしょうか?

ZENドッグフードは国産であるというメリットだけでなく、使用している原材料の質の高さや高たんぱくである鹿肉を主原料としている点もかなり評価できる、グレインフリー・添加物不使用の高級国産ドッグフードであることが明らかとなりました。

これだけ高品質なドッグフードですので金額を少々高額ですが、ワンちゃんの健康維持や長寿にはとても重宝するドッグフードであることも明確です。

ZENドッグフードは高たんぱくで低脂質な鹿肉を第一原料に使用しています。

お試しもできるそうですので、愛犬に一度与えてみたいという方はまずはお試しされてみると良いかもしれません

詳しくは公式ページをご参考になさってみてくださいね。

ZENドッグフード公式サイト

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント