「ジウィピーク」ドッグフードを成分から徹底分析!口コミや評判も紹介!

今回はニュージーランド産のドッグフード「ジウィピーク」について詳しくご紹介していきたいと思います。

ジウィピークは使用している原料から製法、原料に使用されている動物の飼育方法までにかなりのこだわりがあることから、安全性はもちろんのこと、ワンちゃんへの健康維持や効果にかなりの期待が高まるドッグフードです。

一体どういった原料が使用されているのか、ジウィピークのメリットやデメリット、また、実際に使用した方の口コミ、価格帯などをまとめてみましたので、今後ご購入される際の参考にされてみてくださいね!

「ジウィピーク」ドッグフードの基本情報

ジウィピーク【エアドライ・ドッグフード:ベニソン】

価格と内容量 [楽天 参照]1袋1kg 13,392円(税込)
生産国 ニュージーランド
使用している肉の種類 〇ベニソン(鹿肉)
穀類の使用 ×(小麦粉、小麦蛋白)
合成着色料 〇(不使用)
酸化防止剤の種類 〇(クエン酸、天然ミックストコフェロール、ビタミンE)
総合評価

「ジウィピーク」の配合成分や原材料について

生肉・内臓・魚介類…96%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンキドニー生肉、ニュージーランド緑イ貝、ベニソンボーン)、レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、セレン酵母)、海塩、パセリ、酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE)、ビタミン類(E、チアミン硝酸塩、D3、葉酸)

※赤文字表記している部分は、ワンちゃんにとって良くない原料です。

成分 含有量
粗たんぱく 45%以上
粗脂肪分 23%以上
粗繊維 2%以下
粗灰分 12%以下
水分 14%以下
コンドロイチン硫酸 1300mg/kg以上

原材料を見てみる限り、ジウィピークはワンちゃんにとって危険な原料は何ひとつ使用せず、むしろワンちゃんにとって必要な動物性たんぱく質を中心に、ミネラル類なども豊富に含んだバランスのよいドッグフードであることがわかります。

もちろん穀物の使用もないので消化の面を気にすることもないですし、アレルギー性の高い食材なども何一つ使用されていません。

また、ジウィピークに含まれているたんぱく質は驚愕の45%以上です。たんぱく質を多く必要とするワンちゃんにとって、このたんぱく質量はかなり健康維持おいてメリットを与えると言ってよいでしょう。

後にジウィピークのメリットの項目にて詳しく記述しますが、この数値はドッグフードでは滅多に見かけることのない数値だと思ってまず間違いありません。

その他、ジウィピークにはワンちゃんの健康被害に直結する人口添加物の使用もなく、とにかくワンちゃんにとって余計なものは使用せずに、自然な原料がシンプルに使われているという印象を受けました。

「ジウィピーク」のメリットとデメリットについて

メリット

動物性たんぱく質がかなり豊富!

ジウィピークのラインナップはどれもたんぱく質が豊富に含まれているものばかりで、全ラインナップ30%以上のタンパク質量を保っています。

特にその中でもベニソンに関してはたんぱく質量が45%とずば抜けていて、なおかつ穀物の使用がないため、含まれるたんぱく質のほとんどが「動物性タンパク質」ということになります。

ちなみに一般的なドッグフードの場合、ドッグフード全体に含まれるたんぱく質含有量は20%前後です。

それに加えて穀物もかなり含まれているため、穀物に含まれる植物性たんぱく質の割合のことを考えると、動物性たんぱく質の含有量にはあまり期待が持てなくなります。

ワンちゃんに必要なたんぱく質は必須アミノ酸や栄養分が豊富に含まれている「動物性たんぱく質」なのであって、植物性たんぱく質ではありません。

そうしたことを考えると、いかにジウィピークが豊富な動物性たんぱく質を含んでいて、栄養価に長けているかが改めてわかります。

エアドライ製法だから、生肉食に近い栄養素を摂取できる!

ジウィピークはドッグフードの製造において、「エアドライ製法」を取り入れています。

一般的なドッグフードは高熱処理を施しドッグフードを短期間で完成させていますが、これだと高熱に弱い栄養素たちが製造時に破壊されてしまい、実際にドッグフードとして製品が完成した時にはほとんど栄養素が残っていない可能性が大きいのです。

対してエアドライ製法は、ドッグフードに使用される原材料をゆっくり時間をかけて乾燥させます。この際、加熱は一切おこなわれていません。

熱に弱く、加熱加工で成分が破壊されてしまいがちな酵素やたんぱく質などの重要な栄養素が守られたまま、ドッグフードとして完成させることが可能になっています。

現に、ジウィピークは生肉や内臓、緑イ貝と重要な栄養素の割合が96%とかなり高く、残りの4%はワンちゃんの健康維持において欠かせない淡水化物やミネラルで占めています。

ここまで成分が失われずに栄養素がしっかりと補給できるドッグフードは、そうそうないと言っていいかとおもいます。

人口添加物不使用・グレインフリー!愛犬のカラダに優しいフード

ジウィピークは使用されている食材が優秀なことに加えて、ワンちゃんのカラダに害を及ぼす可能性のある人口添加物の使用もありません

また、ワンちゃんのカラダには穀物を消化するための酵素がほとんど備わっていないので、それが考慮されてグレインフリー(穀物不使用)となっている点も良いですね。

健康被害によるリスクもなく、腸にも優しいドッグフードなので、愛犬に毎日与えていくフードとしては本当におすすめできます。

ラインナップが豊富!好みの味が見つかりやすい

せっかく品質が良くて健康に向いたドッグフードだったとしても、愛犬が好まない味だと意味がないですよね。

現に品質がかなり良いフードでも、味のタイプが2種類程度しかないものもありますから、それだとワンちゃんが絶対に気に入って食べてくれる保証がありません。

対してジウィピークはなんとラインナップが全6種類もあり、ベニソン、ラム、グラスフェッドビーフ、マッカロー&ラム、トライプ&ラム、フリーレンジチキンと、どれも衛生面、飼育面が徹底された肉類が使用されています。

これだけ豊富なお肉が揃っていれば、チキンが好みなワンちゃん、牛肉が好みなワンちゃんなど、ワンちゃんの好みにあったドッグフードを選択することができそうですね。

デメリット

ジウィピークは高級フードであることも事実

ジウィピークは生肉が主体で内容成分が優秀であることに加えて、製造方法にもかなり工夫がなされていることもあり、価格もそれに比例して高い傾向にあります。

通販サイトによって多少の前後はありますが、例えば楽天価格だと1kg 13,392円とかなり高額です。

1kgだとたとえ小型犬でもすぐに消費してしまう量ですから、小型犬を飼育されているご家庭であったとしても月に3万円前後は食費がかかることに…。

万が一ワンちゃんが食べてくれないことを考えて、初めに購入される量は最小の454gをおすすめします。

とは言え、454gでもその価格は8121円とかなり高額なので、経済面で現実的ではないと考える方も多くいらっしゃるではないかと思います。

また、ジウィピークは容量が大きくなればなるほどお得になるので、仮に継続的にジウィピークをワンちゃんに与えていくことを決めている場合は、一番容量が大きい2.5kgタイプ(31,320円)を購入されることをおすすめします。

楽天で購入される場合はポイントもかなりつくかと思いますので、(2.5kg購入で6000ポイントほど獲得できるそうです)そちらをうまく利用されると、それなりにお得にジウィピークを購入し続けることが可能です。

ちなみにAmazonではジウィピーク:ベニソン454gが6,499円(定価より20%OFF)、2.5kgの場合22,000円にて販売されていることもわかりましたので、ご自身に向いた通販サイトを利用されるとよいでしょう。

「ジウィピーク」の口コミ・体験談まとめ

「ジウィピーク」の良い口コミ

タンパク質量の多さに恐れ入ります。健康維持もしっかりできるので、多少無理をしてでm続けていきたいドッグフードです。

うちはブリーダーで、妊娠中の犬により良い食を与えていきたいので、ジウィピークはすっかり愛用品です。おかげさまで、母子ともに健康的なワンコ達と日々過ごせています。

とにかく内容が良いです。運動量もかなり多いので、とても重宝しています。

「ジウィピーク」の悪い口コミ

高すぎて続けていけない、この一言です・・・。

確かに内容はすごくいいですけど、値段が非現実的すぎます。

あともう少し安かったら、ジウィピーク1本でいけますが、さすがに無理で他のドッグフードと混ぜて与えています。

口コミまとめ

このように、良い口コミではジウィピークの品質の確かに納得している方が多くいらっしゃるようで、中にはブリーダーさんにも重宝しているドッグフードであることがわかります。

ジウィピークの公式サイトを見てわかったことですが、ジウィピークは妊娠中のワンちゃんにも向いたドッグフードとのことなので、良質な栄養素を母体に与えていきたいブリーダーさんにとってはかなり重宝するドッグフードのようです。

一方で、低評価にはやはり「価格の高さ」を痛感されている方が多くいる印象を受けました。

ある程度の価格であれば対応可能でも、さすがに1kg万単位ですからね・・・。一般的には継続していこうと思える価格ではないのも明らかです。

「ジウィピーク」の総評

いかがでしたでしょうか?

ジウィピークは原材料や内容成分がかなり優秀で、そのたんぱく質量にもただただ驚かされる優秀なドッグフードであることがわかりました。

ただし、その優秀な内容に加えてお値段もとても高額です。

通販サイトの割引制度やポイントなどをうまく利用して購入することで定価よりはかなりお得に購入することができることも確かですので、継続してみたい方はそういった方法を参考にされると良いでしょう。

種類が多すぎるドッグフード!迷った場合はどうすればよい?

当サイトでは多数のドッグフードの原材料を分析して辛口に評価、コストパフォーマンスも加味して良いものだけを厳選したランキングを作成しています!

種類が多すぎてドッグフード選びに迷った時には、一度チェックしてみてください♪

商品一覧
tokoshaをフォローする
ドッグフードSearch-愛犬に安心して与えられる人気の40商品を徹底比較

コメント